板門店の共同警備区域(JSA)で北朝鮮側と通話する韓国側の連絡官(統一部提供)=3日、ソウル(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部は3日、南北軍事境界線がある板門店の連絡ルートを通じ、北朝鮮側から電話があり、午後3時半から3時50分まで、通信状態の点検など相互に確認を行ったと明らかにした。

 電話とファクスが正常に動くかどうかなど技術的な確認が行われ、韓国が9日の開催を提案した南北高官級会談については話し合われなかったという。

 統一部の当局者は「きょう中に北側が再び連絡してくる可能性があり、待機している」と説明した。

 北朝鮮はこの日、平昌冬季五輪への代表団参加問題を議論するため、同日午後3時(日本時間3時半)から板門店の連絡ルートを再開すると表明していた。

 板門店の南北連絡ルートは、韓国の朴槿恵(パク・クネ)前政権が2016年2月に南北経済協力事業・開城工業団地の操業を全面中断したことに対し、北朝鮮側が反発して遮断した。