大久保佳代子

写真拡大

2017年12月28日に放送された「恵比寿マスカッツ横丁!」(テレビ東京)で、2008年「おねがい!マスカット」よりスタートし足かけ7年続いた恵比寿マスカッツシリーズの地上波番組が最終回を迎えた。

【写真特集】マスカッツメンバー・辰巳シーナ、色香ただようスレンダーボディを限界披露!

同回では「最後に思い切り笑わせてほしい」ということで「 爆笑とるまで番組終われま10!」と称して、新旧マスカッツメンバーが様々な芸を披露。

蒼井そらは「全力でおとぼけ顔」、Rioは「マイケル・ジャクソンが言わなそうなこと」、明日花キララは「すごく愉快に病んでる人」などで爆笑をとった。

そして、番組最後ではMCの小木博明(おぎやはぎ)、大久保佳代子(オアシズ)がマスカッツにコメントを。

小木は「(メンバーへの思いは)親心のようになって『偉いな、この子』とか(思うし)、でもあるときは『すごい抱きたいな』と思うときもある(笑)」、面白いし抱きたい「最強の女性」と、笑いをとりつつあたたかい言葉をかけた。

大久保はAbemaTVでマスカッツが出演している番組のMCも務めていることから、「(これからも)信頼してもらってね私のこと、芸能界のお姉ちゃんだと思ってもらっていいんで、相談してください」と、こちらは普段テレビでは見せない真剣な表情でメンバーたちにエールを送った。

これらMC陣のあたたかい言葉に、桃乃木かな達マスカッツメンバーは涙。笑いと涙に彩られた最終回となった。(ザテレビジョン)