中国外交部の耿爽報道官は2日の定例記者会見で「中国側は朝韓双方が平昌冬季五輪を契機に、相互関係の改善、朝鮮半島情勢の緩和推進、朝鮮半島の非核化実現のために確かな努力をすることを歓迎し、支持する」と表明した。写真は平昌。

写真拡大

中国外交部の耿爽報道官は2日の定例記者会見で「中国側は朝韓双方が平昌冬季五輪を契機に、相互関係の改善、朝鮮半島情勢の緩和推進、朝鮮半島の非核化実現のために確かな努力をすることを歓迎し、支持する」と表明した。

【記者】報道によると、朝鮮の最高指導者・金正恩氏は1日発表の新年の辞で、平昌冬季五輪は民族のイメージを示す良い機会であり、朝鮮は冬季五輪の開催成功を心から望んでおり、朝鮮の冬季五輪参加の可能性について議論するため朝韓高官が早急に会うことができるとした。韓国の文在寅大統領は2日、これを積極的に評価するとともに、平昌冬季五輪を韓朝関係改善、朝鮮半島の平和推進の契機とすることに関する朝鮮側の提案を歓迎し、平昌冬季五輪が平和の冬季五輪となり、韓朝間の平和と核問題の平和的解決を促進することを希望するとした。これについてコメントは。

【耿報道官】朝韓両国の指導者が相互関係の改善、平昌冬季五輪への朝鮮側の参加などについて前向きなメッセージを発したことに、われわれは留意している。これは良いことだ。中国側は朝韓双方が平昌冬季五輪を契機に、相互関係の改善、朝鮮半島情勢の緩和推進、朝鮮半島の非核化実現のために確かな努力をすることを歓迎し、支持する。(提供/人民網日本語版・編集/NA)