1967年のノーベル文学賞 三島由紀夫が最終候補に残っていた

ざっくり言うと

  • 1967年のノーベル文学賞の最終候補に日本人作家がいたことが2日、分かった
  • 川端康成と三島由紀夫が、7人の候補に残っていたことが海外の資料から判明
  • 資料では「現時点では年上の川端が日本を代表すると言える」とされていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング