「松岡修造より熱い」 上田西、全国経験者の総監督も認める主将・大久保の統率力

写真拡大

前半に“狙い”の風下を取れずも5発快勝 「僕たちが走り負けることはない」

 上田西(長野)は、第96回全国高校サッカー選手権大会3回戦で帝京大可児(岐阜)を5-0で下し、長野県勢として41大会ぶりの8強進出を決めた。

 その背景には渡邊善和総監督が課した猛練習と、「松岡修造より熱い」と言われるキャプテンによる求心力があった。

 キックオフ前の時点で、置いていたボールが転がるほどの強風が吹き、試合に影響を与えることが予想された。上田西は前半に風下を取る作戦だったが、コイントスで敗れ、帝京大可児に風下を選択されてしまった。

 キャプテンのDF大久保龍成は「みんなにゴメンと謝りました」と明かし。しかし、それは結果的に上田西に幸運を呼び込んだ。前半終了間際に右サイドのセンターライン付近で得たFKをMF丸山圭太が狙うと、追い風に乗ったボールはゴール左上隅へ。待望の先制点を奪ってハーフタイムを迎えた。

 大久保は「正直、風下では得点できないと思っていた」と話したが、後半に入ると堅守から鋭いカウンターを繰り出し、得点を重ねた。終わってみれば、風下で4点を奪っての5-0の大勝劇。キャプテンによれば、それを可能にしたのは猛練習だったという。

「僕らの学校は土のグラウンドなので、雪が降ると使えません。だから、冬は走ってばかりですし、山道を使うこともあるので、陸上部+山岳部=サッカー部みたいになるんです。夏場の練習試合は40分×4本で、一人3本連続で出ることも多いです。だからこそ、僕たちが走り負けることはないですし、後半のように攻め込まれてゴール前を固めても、そこから3人、4人と前に出ていけるんです」

「彼がいないと、ダメですね」

 長崎県の国見高で全国を経験している渡邊総監督の下での猛練習が、ダイナミックなカウンターを生み出す原動力になっていると胸を張った。無論、ハードワークは部員への負荷も大きいが、そこで脱落者が出ないのは大久保のキャプテンシーの賜物でもある。渡邊総監督は、男子テニスの元日本トッププレーヤーで現在はスポーツキャスターとして活躍する“熱い男”を引き合いに出してこう語った。

「ウチのチームはキャプテンの大久保くんが、松岡修造より熱いくらいにみんなに声を掛けてまとめるんです。彼がいないと、ダメですね」

 大久保もまた、「いつもうるさいくらい声を出しているなとは言われるんですけど、キャプテンだから言わなくなるとダメだと思うので、やり通します」と力強く語った。

 自然のハンデをものともしない練習量と、その苦しい時間を盛り上げてまとめ上げるキャプテン。素晴らしく歯車の噛み合った上田西は、5日の準々決勝で長野県勢では初の4強進出という歴史を作り出すために、運動量を武器にした全員サッカーで臨んでいく。

【了】

轡田哲朗●文 text by Tetsuro Kutsuwada

フットボールゾーンウェブ編集部●写真 photo by Football ZONE web