テニスの男女混合国別対抗戦、第30回ホップマンカップ、カナダ対ドイツ。勝利を喜ぶアンゲリク・ケルバー(2018年1月3日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】テニスの男女混合国別対抗戦、第30回ホップマンカップ(Hopman Cup XXX)は3日、オーストラリア・パース(Perth)でグループAの試合が行われ、ドイツが3-0でカナダを下した。1995年以来3度目の優勝を目指すドイツは、5日のオーストラリア戦で勝利すると決勝進出が決まる。

 ドイツは第1試合の女子シングルスに登場した元世界ランキング1位のアンゲリク・ケルバー(Angelique Kerber)が、元同5位で現在は83位に低迷しているユージェニー・ブシャール(Eugenie Bouchard)に6-1、6-3で完勝した。

 女王の座から陥落し、世界21位にまで落ちた2017年からの巻き返しを図るケルバーは、ベルギーのエリーゼ・メルテンス(Elise Mertens)戦に続き、この日も過去に苦戦を強いられてきたブシャールに勝利したことで、全豪オープンテニス(Australian Open Tennis Tournament 2018)前の自身の調子に手ごたえをつかんでいる。

 2016年の全豪オープンで自身初の四大大会(グランドスラム)タイトルを獲得しているケルバーは試合後、「最初のポイントから非常に感覚が良かった。攻撃的にいることを心掛け、自分のテニスをしようと思った」とした上で、「ユージェニーとの対戦は簡単ではないけど、きょうはいい試合ができた。1週間前よりテニスが良くなってきている」と語った。

 ケルバーの勝利で勢いに乗ったドイツは、続く第2試合の男子シングルスで世界4位の新鋭アレクサンダー・ズベレフ(Alexander Zverev)も同108位のバセック・ポスピシル(Vasek Pospisil)に6-4、6-2でストレート勝ち。消化試合となった混合ダブルスも4-3(5-2)、4-3(5-2)で制し、全勝でカナダを退けている。
【翻訳編集】AFPBB News