朝鮮中央テレビで北朝鮮側の立場を発表する李善権氏=3日、ソウル(朝鮮中央テレビ=聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は3日、北朝鮮が同日午後3時(日本時間3時半)から南北軍事境界線がある板門店の連絡ルートを再開する方針を明らかにしたことについて、「きのうわれわれが表明した板門店の南北連絡ルート正常化提案に応じたことを歓迎する」との立場を発表した。

 また、「板門店の連絡ルートを通じ、南北当局者会談の開催に関連した実務的な問題を協議していく」と表明した。

 北朝鮮の対韓国窓口機関・祖国平和統一委員会の李善権(リ・ソングォン)委員長はこの日、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の立場として、「平昌冬季五輪への代表団派遣問題を含め、(五輪)開催に関連した問題で南側と連携するよう、(金委員長が)板門店の連絡ルートを開通することを指示した」と伝えた。

 板門店の連絡ルートは、韓国の朴槿恵(パク・クネ)前政権が2016年2月に南北経済協力事業・開城工業団地の操業を全面中断したことに対し、北朝鮮側が反発して遮断した。