太永浩氏、後ろの写真の黒い服は金正恩氏=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】2016年に脱北して韓国に亡命した太永浩(テ・ヨンホ)元駐英北朝鮮公使は2日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が元日に発表した今年の施政方針に当たる「新年の辞」について、要約すれば韓国に対しては対話と平和を呼びかけ、米国を威嚇し、中国に対しては北朝鮮が核・ミサイル挑発を中止し、韓米が合同軍事演習を中止するという中国の提案を受け入れたものと述べた上で「北の核問題を解決しようとする3大軸である韓国、中国、米国をそれぞれ揺さぶり、対北制裁協力を壊そうとする金正恩の具体的な考えが含まれている」と分析した。この日、情報機関・国家情報院(国情院)のシンクタンク、国家安保戦略研究院で行われた聯合ニュースとのインタビューで話した。

 金委員長は1日に「新年の辞」を発表し、韓国に対し2月の平昌冬季五輪に参加する意向を示して和解ムードを演出し、米国に対しては「核のボタンが私の事務室の机に常に置かれている」などとして威嚇した。

 太氏は中国に向けたメッセージについて、「金正恩は『北と南はこれ以上情勢を激化させるのをやめよう』と言ったが、これは(南側だけでなく)初めて北にも情勢激化の要因があると言及したもの」とし、北朝鮮が核・ミサイル挑発を中止し、韓米が合同軍事演習を中止するという中国の提案を受け入れたとみなすことができると指摘した。

 米国は中国の提案に反対しており、中国の提案を北朝鮮が受け入れることで米中間にあつれきを生じさせる狙いがあるとの指摘と受け止められる。

 太氏はまた「平昌五輪への参加も金正恩の戦略的な意図を実現するための一つの手段にすぎない」と指摘した。

 また対北朝鮮制裁が続く状況では「北と交流して協力するという国は韓国しかない」とし、「北がこのような要因を利用し、対北制裁(打開)の突破口を開こうとするのは当然のこと」と話した。

 金委員長が述べた「平昌五輪への代表団の派遣」については「小規模な代表団や選手団を送るのであれば、(金委員長は)そのような表現を使わないだろう」とし、「芸術団などを送り、民族の共同行事を共に喜んだというイメージを与えようとするだろう」と予想した。

 代表団を率いる人物については「予測することができない」とした上で、金委員長の妹、金与正(キム・ヨジョン)党宣伝扇動部副部長(党中央委員)が担う可能性について「金正恩としては大きな賭けのようなもの」とし、可能性は低いと予想した。