2日、中国メディアの環球時報は日本の芸人がテレビ番組の中で尖閣諸島を中国に明け渡すと発言したと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は尖閣諸島。

写真拡大

2018年1月2日、中国メディアの環球時報は日本の芸人がテレビ番組の中で尖閣諸島を中国に明け渡すと発言したと伝えた。

お笑いコンビ「ウーマンラッシュアワー」の村本大輔氏が1日、日本のテレビ番組の討論会に出演した際、「(中国が)沖縄を下さいといったらあげるのか?」との質問に対し、「もともと中国から取ったんでしょ」と回答したと記事は紹介した。

また、尖閣諸島問題については、尖閣を中国に取られてもいいのかとの質問に対し、「取られてもいいです。僕は明け渡します」と述べたと記事は伝えた。

これに対し、中国のネットユーザーから「正直な人だな」「良心的な日本人だ」「なんて誠実な回答だ」「この人の言っていることは正しいし、客観的だ」「首相になるのに適した人だ」など、称賛するコメントが非常に多く寄せられた。

また、「このお兄ちゃんは右翼に攻撃されるね」「彼はもう日本にはいられないだろう」と身を案ずるユーザーも少なくなかった。

ほかには、「琉球諸島は中国の属国であったのであり、中国のものだったわけではない」との指摘や、「(尖閣諸島は)中国が取るのではなく取り返すが正しい。日本も明け渡す必要はない。日本人はもともとそこにいるべきではなかったのだから」との主張もあった。(翻訳・編集/山中)