川内優輝【写真:Getty Images】

写真拡大

全身タイツ&目だし帽、ボストンの極寒レースで2時間18分56秒…米メディア称賛

 男子マラソン川内優輝(埼玉県庁)が1日、米ボストンで行われた「マーシュフィールド・ニューイヤーズデイ・マラソン」に出場し、2時間18分56秒をマーク。気温―17度という極寒レースで自身76度目の2時間20分切りで世界最多記録を樹立した。米メディアは、全身タイツで完走した異様ないで立ちとともに快挙を注目し、米メディアも「極寒で最も速いマラソンランナー」と仰天している。

 最強の市民ランナーが、全身タイツで世界のマラソン界に歴史を刻んだ。

 川内は気温-17度という極寒レースで2時間18分59秒をマーク。蛍光オレンジの長袖ウェアに「4100」のゼッケンをつけ、黒の長袖パンツに手袋、そして、顔は鼻と目だけを残してすっぽり包んだ黒の帽子をかぶった。到底、マラソンとは思えないいで立ちで世界最多76度目の2時間20分切りを果たしてみせた。

 地元メディアは異様な服装を画像付きで紹介。米スポーツ専門局「NBCスポーツ」は「日本人ランナーが極寒の気温の中、76度目となる2時間20分切りを記録」と見出しを打って特集した。

 過去に75度の記録を持っていた米国人ランナーを超えたことを紹介した上で「極寒において最も速いマラソンランナーの称号も手に入れたことだろう」と称賛している。

川内「一つだけ言えるのは、歴代のマラソンの中で最も寒かったということ」

 さらに「彼はかつて地元の政府機関でフルタイムで働いていたので、数年前までは日本の『民間人ランナー』と呼ばれていたこともあった」と異端のキャリアを紹介している。

 米国で最も権威あるスポーツ誌「スポーツイラストレイテッド」も「日本人ランナーが76度目の2時間20分切りで完走…-17度の中でだ」と特集。記事によると、フルマラソンにエントリーしたのは3人で、完走したのは川内のみだったという。

 本人が「これまでたくさんマラソンを走ってきて、天気に関して比べるのは難しいけど、一つだけ言えるのは、歴代のマラソンの中で最も寒かったということ」と振り返ったコメントを紹介している。

 魂の走りでファンのハートを打ってきた30歳。-17度という極寒をものともしない走りで世界最多記録を樹立し、一躍、米国でも脚光を浴びている。(THE ANSWER編集部)