流通経済大柏のMF菊池泰智【写真:編集部】

写真拡大 (全2枚)

流通経大柏が大分西に3-0快勝、エース菊池は2得点と大車輪の活躍

 その瞬間、フクダ電子アリーナにはどよめきが巻き起こった。発端は、背番号「10」を身につける、身長160センチの“小さな巨人”だった。

 第96回全国高校サッカー選手権は2日、各地で2回戦が行われ、インターハイ王者の流通経済大柏(千葉)は大分西(大分)に3-0で大勝を収めた。MF菊池泰智(3年)は2得点を記録。エースナンバーにふさわしい活躍を披露してみせた。

 スコアが動いたのは試合開始わずか3分。ピッチ中央でボールを受けた菊池は右足の巧みなファーストタッチで相手DFを瞬時にかわすと、30メートルはあろう距離からワンステップで圧巻のミドルシュート。ゴール左に突き刺さり、度肝を抜く一振りで流通経大柏に先制点をもたらした。

 後半4分には、右サイドからこちらも強烈なミドルシュートを叩き込み、計2得点。この活躍には名将・本田裕一郎監督も「菊池はなんでもできて、どこのポジションで出しても何かを起こせる選手」と舌を巻いた。

 菊池本人は鮮烈な先制点の場面を「打とうと思っていた時には、すでに打っていた」と感覚的なゴールであったことを振り返った。一方で、彼の持ち味はそれだけではない。とにかく前線からのハイプレスが激しい“ファースト・ディフェンダー”ぶりも目を見張るものがある。

 そんな天才と汗かき屋の両面を揃える菊池だが、中学1年生の時に浦和レッズのジュニアユースへ入団したものの、昇格は叶わず、流通経大柏への進学を決めた背景があった。

ユースでの弱みが高校での強みに…菊池が語った両者の「違い」とは

「ユースに上がれなかった当時、(ジュニアユースの)監督に言われたのが『お前は連続したプレーができていない』ということ」

 確かにJクラブのユース昇格は狭き門ではあるが、光るセンスを持ち合わせる菊池ほどの選手がそのレールを外れることとなった要因の1つには、パス&ゴーやボールロス直後のプレッシングなど、プレーの連続性の不足があった。

 しかし、「それが、高校に入った今では自分のストロングポイントになっている」と明かしている。流通経大柏は特にハイプレスが伝統的なチームカラーとして定着している強豪校。日本屈指のハードワークがインターハイ王者たりえる要素と言っても過言ではない。その環境下で日々を過ごす菊池もまた、目に見えて運動量が高まっていった。

「高校に入って、単発なプレーではなく、例えばミスをしたらその流れでボールを取り返すというような連続したプレーができるようになったと強く実感している」

 ユースで弱みだったことが、高校で強みとして開花する。一体、高校で過ごした時間の中で何があったのだろうか。菊池は、自身が体験してきた範囲において、ユースと高校での取り組み方の違いに言及した。

「ユースと高校で違うのは、簡単に言えば練習方法ですかね。高校は、ある程度無茶できるんですよ。結構きついことを要求してもらえる。特に、朝練がすごい。朝早いのが一番辛かった。僕は朝起きるのが5時。早い奴は4時半起きとかです。それをほぼ毎日です。なので、高校に入ってからはずっとサッカーしている印象しかないです」

学生生活とサッカーが一括りになる、高校サッカーの特権

 ユースに通う選手は、学生生活とサッカーを別物と隔てて過ごすことが大半であることに対し、高校サッカーの場合は学生生活とサッカーが一括りとなり、ハードな練習にも無理をきかせることができるようだ。

 今大会のトーナメントで同じ山に属している長崎総科大附の選手たちも「朝は毎日早朝からの練習で、監督も毎度そこに顔を出している」と明かしていた。確かにユースでは、毎日全メンバーが同時間に集まって練習するというのは限界がある。過酷な練習は、ある意味で高校サッカーの特権なのかもしれない。

 FW大迫勇也(ケルン)、MF乾貴士(エイバル)など、いまや日本代表に名を連ねる選手の半数近くが高校サッカー出身の顔ぶれ。ハードワークが当たり前に求められるようになったモダンサッカーでは、学生時代に無理をきかせた練習が最大限に活きてくる時代のようにも思える。

 そして、「今後プロになりたい?」という質問に力強く「はい!」と答えた菊池もまた、来る将来に青いユニフォームを身につける高校サッカー出身選手としてスタジアムに熱狂をもたらすことになるかもしれない。(THE ANSWER編集部)