川内優輝

写真拡大

 男子マラソンの“最強市民ランナー”川内優輝(30)=埼玉県庁=が、海の向こうで大偉業を成し遂げた。1日に米マサチューセッツ州ボストンで行われた「マーシュフィールド・ニューイヤーズデイ・マラソン」に参戦し、気温がマイナス17度という過酷な条件の中、2時間18分56秒で走破。自身76度目の2時間20分切りとなり、75度の記録を持っていた米国人男性を抜いて、世界最多記録となった。

 現地メディアの「CBSボストン」はこの快挙を動画で報じ、防寒のための全身タイツ姿でゴールを駆け抜ける川内の姿が映し出された。「New England Runner」によると、川内は「今までたくさんマラソンを走ったけど、こんな条件で走ったことはない。1番寒かった。南極マラソンのいい練習になった」とコメントしたという。