嵐 二宮和也、どんなポジションもこなす天性の瞬発力 ラジオで語った“紅白司会”への覚悟とは?

写真拡大

 本日1月3日は、嵐のメンバーがテレビに出ずっぱりだ。朝10時から松本潤の主演ドラマ『99.9−刑事専門弁護士−』(TBS)ディレクターズカット版、16時15分からは『嵐ツボ』 (フジテレビ系)、18時からは『VS嵐』(フジテレビ系) のそれぞれ年始スペシャル番組が放送され、25時40分から28時まで『朝まで櫻井・有吉THE夜会』(TBS)と続く。メンバー全員が主演ドラマ、主演映画に、と大活躍だった嵐の2017年。それを凌ぐ勢いで、今年も嵐の充実した1年を予感させるスタートダッシュといえるだろう。

(関連:嵐 二宮和也、『NHK紅白歌合戦』単独司会起用の理由は? ソロで磨いたトーク力にいよいよ脚光か

 2017年を締めくくった活躍といえば、12月31日に放送された『NHK紅白歌合戦』(NHK総合)での二宮和也の司会ではないだろうか。紅白の司会は嵐5人で経験してはいたが、二宮の単独では初。それにも関わらず、二宮は抜群の対応力で、生放送の大舞台を仕切ってみせた。その姿に視聴者から絶賛の声が上がった。

 出演者の準備で時間を落ち着いてコメントでつないだり、出演者によるマイペースな発言をいいタイミングで回収したり……飄々としていながらも、ブレない軸を感じさせる言動が、見ている者に安心感を与えた。

 実は、この活躍の裏で、ラジオ『BAY STORM』(bayfm)にも登場していた二宮。もちろん事前に収録されていたもの。「12月31日10時をまわりました。今、何をしているんですかね、私は。どこらへんなんだろうな。“後半戦スタートです”ってなって、1時間くらい経ってるんだよ」と、当日の流れをイメージしながら話していく。そのトーンも決して浮かれることなく、淡々としている。

 なかでも印象深かったのが“紅白の司会”という大役を務める心境について話したシーン。 リスナーからのお便りを受けて「紅白の司会をしていて、みんな“私まで緊張しています”って言うけどさ、そんな緊張します? なんでだろ。俺は全然緊張してないんだけど。見てるほうが緊張するの? そんな司会者、だめじゃん(笑)」と、あくまでいつもの二宮のスタンスを崩さない。あの名司会ぶりは、この覚悟があったからこそなのだと頷ける発言だ。

 これまで二宮といえば、演技面における高い評価を得ていた場面が多かった。二宮にとって今回の紅白は“名司会者”という役柄を演じていたのだろうか。求められる場面に応じて、どんなポジションもこなすことができる二宮を器用な人だと感じていたが、もしかしたらそのときどきの“二宮和也”というキャラクターも思いのままに表現できる天性の役者なのかもしれない。

 今日の放送でも、様々な二宮が見られることだろう。ゲストを活かそうと振る舞ったり、 メンバーの魅力を引き出すべくボケたりツッコんだり……。そのたびに、二宮の瞬発力に驚かされるに違いない。(佐藤結衣)