おじさん版テラハ『バイプレイヤーズ』が復活、テレ東の「朝ドラ」が舞台?

写真拡大

遠藤憲一、大杉漣、田口トモロヲ、松重豊、光石研らが出演したコメディドラマ『バイプレイヤーズ』が、テレビ東京のプライム帯で復活。2月7日より『バイプレイヤーズ〜もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら〜』(毎週水曜21:54〜)がスタートすることがわかった。

本作は、2017年1月クールに放送され、共同生活を送る「おじさんのテラスハウス」として話題を集めた“ゆるシブ”コメディドラマ。日本の映画・ドラマ界に欠かせない名脇役が本人役で出演し話題に。「東京ドラマアウォード2017」作品賞<連続ドラマ部門>優秀賞、「第33回ATPテレビグランプリ」優秀賞を受賞した。さらに、業界内視聴率30%とも言われたという。

今作では「テレビ東京が始めた朝ドラ」と「無人島」という新たなステージを用意し、豪華感とゆるシブ感がさらにパワーアップ。遠藤、大杉、田口、松重、光石は前作に引き続き出演するが、寺島進はスケジュールの都合により“お休み”するという。5人からのコメントは以下。

<遠藤憲一>
前作が出来上がった時、俺が最初に完パケを見て、みんなに「面白い!」って言ったのを覚えています。で、今作の話が来た時、「前作を超えるの無理じゃない? でもやるんだ」……と思いながら初日、現場へ行ってみたら、「超えそう!」という感触を持ったんで、是非! 見て下さい。

<大杉漣>
「日本のおじさんたち、結構捨てたもんじゃないよ」という、ただ渋いだけじゃなくて、 いろんな“ヒト”として生きてる姿みたいなものが、このドラマの中で散りばめられているような感じがしています。そういう意味では新しいドラマなのかなと思うので、是非1人でも多くの方に見ていただきたいと本当に願っています。見ないと……(ニヤリ)。

<田口トモロヲ>
またメンバーのみなさんと、そして視聴者のみなさんと再会することが出来て、もうミラクルのような幸せです。またまたみんなと飲める! このワクワク感が映れば、そして観てもらえれば、と思います。よろしくお願いします!

<松重豊>
また皆で割り勘で酒が飲めるー。しかしテレ東、こんな面倒くさいオジさん達に、よくまた招集かけたなぁ、と、拍手。イケメンも出ません。愛も感動もありません。スリルもサスペンスもありません。いわゆるドラマファンの皆様、申し訳ない。ただただオッさん5人でわちゃわちゃしているだけのドラマです。

<光石研>
今作の話を聞いて、僕は率直に嬉しかった。前作を超えるものになっていますので、是非皆さん、乞うご期待! で楽しみに待っていてください。