©テレビ朝日

写真拡大 (全3枚)

1月3日(水)に放送される『あいつ今何してる? 豪華新春3時間スペシャル』に、ANZEN漫才・みやぞんが登場する!

©テレビ朝日

ゲスト有名人の「学生時代の同級生が今何をしているか?」を調査する同番組だが、みやぞんは同級生と現在でもかなりの交流があり、「同級生が今何をしているかほとんど全員答えられる」という。

ということで今回は番組初、同級生ではない、学校とは関係のないところで出会った恩人たちが登場する。

みやぞんの原点を作ったといっても過言ではない2人の人物! プライベートや過去が謎めいた大人気芸人みやぞんの知られざる驚き&爆笑の過去が続々と明らかになる。

 

◆みやぞんがヒジ打ちを“指導”したプロレスラー

まずみやぞんが“今が気になる”と名前を挙げたのが、中学生当時みやぞんがヒジ打ちを教えてあげたというプロレスラーの青年。

ある日の下校途中、中学生のみやぞんが道端で見かけたポメラニアンに何となくついて行くと運送会社にたどり着き、その会社にはなぜかサンドバッグが…。気になったみやぞんがサンドバッグにパンチやキックをしていると、社長や社員が出てきて「腕がある!」と褒めてくれたのだそう。そこで出会った社員の男性こそが、今回奇跡の再会を果たすプロレスラー兼運送会社のドライバーだった“たけちゃん”だ!

なぜかヒジ打ちが得意で自信があったみやぞんは、歳がひとまわり以上違うプロレスラーのたけちゃんから「試合で使いたいから教えて」と言われ、なんとヒジ打ちを指導したのだという。しかし、ほどなく運送会社は倒産。以来、その青年とも会えなくなってしまった。

学校帰りに運送会社に寄り道しては、たけちゃんと色々なトレーニングを積み、キックボクシングの腕も上げていったみやぞん。たけちゃんには感謝の気持ちを伝えきれず別れてしまい、それから20年近く…。

当時は28歳だったというたけちゃんも、今は45歳。調査してみると、東京都足立区から遠く離れたところで暮らしていることが判明! そしてプロレスラーではなく予想外の驚きの職業に!? さらにたけちゃんに話を聞いてみると、みやぞんの驚きの過去が明らかに!

「こんな話あるかよ!」とネプチューンも驚愕した仰天エピソードが続々登場する。

©テレビ朝日

◆「挨拶や礼儀など、大切な全てを教わった」

もう1人は、みやぞんが所属していた少年野球チーム「足立ジュニアヤンガーズ」の“部長”と呼ばれる人物。監督よりも偉く、部長が来ると選手たちは直立不動になるほどおそれていたという。

みやぞんはそんな部長について、「挨拶や礼儀など社会で生きていくために大切な全てを教わった」「部長が厳しく指導してくれたからこそ、今も仕事で辛いことがあっても、あのときに比べたらへっちゃらだ!」と語り、感謝の気持ちを抱いている。みやぞんの原点を作り上げた尊敬してやまない部長は、今何をしているのか?

あれから16年、71歳になった部長は現在も足立区で暮らしていることがわかった。「足立ジュニアヤンガーズ」は名門で、なんとWBCで日本代表にも選出された東京ヤクルトスワローズで活躍する秋吉亮投手も輩出!

その秋吉選手もVTRで登場し“恩人”だと語る部長は、今も「ジュニアヤンガーズ」と関わりがあるのか?

最後には、みやぞんが「明日もまた仕事か…と元気がなくなる瞬間もあるけど、そんなこと言ってられないな」と改めて奮起を促される部長からの熱いメッセージが…!