Image: Lukas Panzarin and Andrea Cau for scientific supervision. via ESRF

すごい変わり種恐竜、出てきましたよ!

ここ最近、変わった新種恐竜の発見が続いていますが、今回見つかった新種の恐竜はかなりヘンテコです。7500万年前の白亜紀のモンゴルに生息していたと考えられているこの恐竜、ハルシュカラプトル・エスクイリエイ(Halszkaraptor escuilliei)と名づけられました。

ハルシュカラプトルは、なんかちょっと変ですがアヒルのような姿で、アヒルのように歩き…もろアヒルなんですが、肉食恐竜で獣脚類に分類されます。水中でも生活していたことが推測できる容姿のハルシュカラプトルですが、これまでにない水陸両生タイプの獣脚類恐竜だったということがわかっています。

鳥類は進化を遂げるなかで陸、空、海とそれぞれの環境に住むようになりましたが、恐竜は陸の動物だとされてきました。ただ、いろいろな化石が発見されるにつれて「生態学上はない」とされていたことも、実はあるかもしれないという理解が生まれてきました。

たとえば、これまで完全水生の非飛行恐竜は存在しないと考えられてきました。非飛行恐竜が本当に飛べなかったのかも議論されているところで、ミクロラプトルもその一例ですね。だからこそ、今回発見された明らかに泳ぐために進化した姿を持つハルシュカラプトルは珍しい進化の発見というわけです。

natureに発表された論文によると、かなり完璧に近い形で発見されたハルシュカラプトルの化石はもともと、モンゴルのウハートルゴドから来たものとされています。そのいっぽうで、モンゴルで発見されたわけではないとも記述されています。というのも、この化石は化石発掘場所から違法に持ち出され、国外で何年も個人間での売買がされていたから。2015年に古生物学者の手に渡り、ようやくモンゴルに返されたという経緯があったんです。

化石はとても繊細で壊れやすいうえに石の中に入り込んでいましたが、フランスにある欧州シンクロトロン放射光研究所では国際チームがハイテクX線スキャンを使用し、石自体を触ることなく検体の詳細をスキャンすることに成功。そこでハルシュカラプトルの化石を3Dで再構築・ビジュアル化しました。研究者たちは、この奇妙な化石がほかの恐竜同士が合体してできあがった化石ではないということを確認できたというわけです。

ハルシュカラプトルの化石は、これまでに発見されているどの肉食恐竜とも似ていなかったため、新たな亜科としてハルシュカラプトル科が作られました。マガモくらいの大きさでアヒルのような体つきでありながら、鋭い足爪、太い尻尾、そしてしなやかな筋肉は恐竜のような特徴も持っている、不思議なハルシュカラプトル。どうやら獣脚類恐竜というより、現代でいう水鳥にもっと近い特性を持っているようです。

頭蓋骨からは魚を食べながら水の中で生活していたことがわかる模様。長く薄い鼻とチクチクとした歯は動き回る魚を押さえつけるのに最適で、ワニと同じように鼻先で獲物を感知し、捕獲していたと考えられるとのことです。

また、白鳥のように長く柔軟な首を持っていて、魚などの獲物を素早く取ることができたともみられています。ペンギンのように前のあばらが出ていて、股関節と脚は比較的前についているため、強く水をかいて泳ぐのが上手で魚がいる場所へスッといけたようです。そして全体像はヴェロキラプトルとガチョウが合わさったような姿だったと想像できそう。

まとめると、ハルシュカラプトルは腕で水をかき、陸上を動き回るふたつの運動器官を持っている唯一の非飛行恐竜ということになります。これまでにも、スピノサウルスは半水生の恐竜だということはわかっていましたが、密度の高い骨などからハルシュカラプトルのように泳ぐことまではできなかったと考えられています。ハルシュカラプトルの発見のおかげで、恐竜の環境適応、特徴の多様性などまだまだ研究すべきことがたくさんでてきました。

これからはハルシュカラプトルも映画などに登場するようなメジャーな恐竜になっていくんでしょうか? それにしてはちょっとキモカワすぎ?

Image: Lukas Panzarin and Andrea Cau for scientific supervision. via ESRF
Source: Nature, Scientific American, ESRF

Jake Buehler - Gizmodo US[原文]

(岩田リョウコ)