松山英樹【写真:Getty Images】

写真拡大

2017年は米3勝をマーク…悲願のメジャー初制覇を狙う2018年は「何勝する?」

 米男子ゴルフは、2018年1月4日から始まるトーナメント・オブ・チャンピオンズ(ハワイ州マウイ)で新シーズンが本格的に幕を開ける。昨年同大会で2位だった松山英樹(レクサス)も2018年のスタートを切るが、PGAツアー公式ツイッターは「マツヤマは2018年に何勝する?」と問いかけるとともにスイング動画を公開し、ファンから「メジャー制覇を願っている」「4回」「ヒデキは神だ」などと反響を呼んでいる。

 2016-17年シーズン、松山は米ツアー3勝を挙げ、世界ランク2位をマークするなど、大躍進を遂げた。来日したドナルド・トランプ米大統領と安倍晋三首相とラウンドするなど、“日本の顔”として地位を確固たるものにしているが、2017-18シーズンには悲願のメジャー初制覇に期待が懸かる。

 PGAツアー公式ツイッターは、松山の特長であるトップの位置で一瞬ストップする“一時停止ショット”や鮮やかなチップインショット、ホールインワン寸前のミラクルショットなどスーパープレーを厳選した動画とともに、「マツヤマは2018年に何勝する?」とつづった。

 すると、ファンからは「2回(マスターズとBMWチャンピオンシップ)」「メジャー制覇を願っている」「4回」「たくさん」と優勝を予想する声から、「0」と厳しい目で見るなど反応は様々。その正確無比のショットに対して、「ヒデキは神だ」「パーフェクトショット」と称賛の声も挙がった。

 日本のみならず、世界のゴルフファンが松山の優勝の行方に注目している。2018年、クールな松山に多くの“歓喜の瞬間”が訪れることを期待したい。(THE ANSWER編集部)