ワークアウトが快適になる2WAYのスマートウォッチ

写真拡大 (全3枚)

今年の新習慣として心地よいワークアウトを取り入れたいから、スマホを持たずにスポーツできるスマートウォッチに目が行きます。 とくに気になるのが、ヘッドを付け外しできるスマートウォッチ『wena wrist active(ウェナリストアクティブ)』。
多機能スマートバンド
生活を便利にする最先端のテクノロジーを自然に身に着ける「wear electronics naturally」というビジョンを掲げ、腕時計のバンド部に機能を内蔵したソニーのスマートウォッチ、『wena™wrist(ウェナリスト)』。その新モデル(バンド部)として3月上旬に発売されるのが、シーンに合わせたヘッドの付け外しや付け替えができる新デザインが特徴の『wena wrist active』です。
加速度センサーによる歩数や消費カロリーの算出に加え、GPSや光学式心拍センサー(※)を搭載。防水性能は3気圧を達成しているから、ランニング中の急な雨にも耐えられます。(ただし、すべての状況におい防水を保証するもではありません。)
バックル部分には有機ELディスプレイが搭載されているので、ランニング中も心拍数(※)や、移動速度を確認でき、日常生活ではスマートフォン連動による電話やメール着信、SNS更新などさまざまな通知を確認できます。またフェリカネットワークス社の提供する「おサイフリンク」アプリをダウンロードすれば、電子マネー機能も使えるすぐれものです。
ヘッドをつければ腕時計にも
『wena wrist active』は、バンドにさまざまな機能が内臓され、ヘッドを外してワークアウトができるため、より快適でアクティブに体を動かせることはもちろん、睡眠時にも、パフォーマンスを発揮。睡眠状態の計測だけでなく、眠りの状態に合わせてアラームが動作するスマートアラーム機能など、快適な目覚めをサポートします。眠っているときもヘッドが邪魔にならずに眠れるのはうれしいですね。
スマートバンドとしてランニングや睡眠時に使えますが、もちろんビジネスの場面などでは、ヘッドを付けて腕時計としても使えます。正月三が日が明けると街は次第にバレンタインムードへと加速しはじめます。パートナーへ、たいせつな家族へ、そして自分へのご褒美としてもほしくなる、ユニセックスなデザインのスマートウォッチ『wena wrist active』。市場推定価格は30,000円前後で、2月上旬より予約受付スタート予定です。なお販売店舗及びサイトについての詳細は、wena公式WEBサイトをご覧ください。※本商品は医療機器ではありません。センサーが腕から計測した「脈拍数」をわかりやすくお伝えするため、「心拍数」と表現しています。[wena wrist]