青森山田MF郷家友太とFW中村駿太が“ツインシュート”披露【写真:編集部】

写真拡大

王者・青森山田が草津東を5-0で撃破し3回戦進出

 第96回全国高校サッカー選手権は2日、各地で2回戦が行われ、前回王者・青森山田(青森)はフクダ電子アリーナで草津東(滋賀)に5-0と大勝を収めた。

 青森山田は、J1ヴィッセル神戸への加入が内定しているMF郷家友太(3年)、J2モンテディオ山形への加入が内定しているFW中村駿太の“二枚看板”が大会の注目ポイントにも挙げられている。2回戦からの登場となったダブルエースは、草津東戦で「キャプテン翼」さながらの“ツインシュート”を炸裂させ、スポットライトを浴びた。

 3-0で迎えた後半20分、ペナルティーエリア内で相手を背負いながらボールを受けた中村は、ワンタッチでゴール前にボールを流し、自らもすかさず反転。ややトラップが大きくなってしまったため、左足を伸ばしたスライディングシュートを選択した。

 同時に左サイドから走り込んできた郷家にとっては、中村のトラップが絶妙な“スルーパス”として足元に転がり込んできたため、狙い澄まして右足を振り下ろした。

 中村と郷家によるシュートのタイミングが見事に重なり、両選手から同時に打たれたシュートは、まるで世界で大人気の漫画「キャプテン翼」の主人公・大空翼と岬太郎が披露した“ツインシュート”を実写化したように、豪快にチーム4点目となる追加点を生んだ。

郷家は自らの3点目を中村に“譲る”形に…「ゴールはあげようかなと思って」

 郷家がガッツポーズをしながら後ろを振り返ると、そこには郷家以上に喜びを爆発させている中村の姿があった。

「正直、触ってたんですけどね。(中村)駿太がだいぶ喜んでたんで、ゴールはあげようかなと思って。どっちも触って一緒に打った感じだったんですけど、譲りました」

 公式記録上は中村のゴール。仮にすでに2点を挙げていた郷家のゴールと認定されていれば、初戦でいきなりハットトリックを達成することになっていたが、1トップを担うストライカーへの配慮を示したその器には、すでにJリーガーとしての風格が漂っていた。

 最終的には郷家、中村ともに2得点とダブルエースが揃い踏み。青森山田の黒田剛監督は「今大会はどこもエース格が点を取っているし、うちは中村と郷家が取ってくれたということで、チームに勢いをつけてくれた」と牽引する両選手を労った。

 得点シーン以外でもピッチで大きな違いを生み出していた郷家と中村は、青森山田の連覇達成の鍵を握る主役であることに間違いないだろう。(THE ANSWER編集部)