風呂なし物件はお得?

写真拡大

ひとり暮らしを始めるにあたって物件探しにはさまざまな条件が課せられます。そこでひとつの選択肢となるのが風呂の有無でしょう。ほとんどの人が風呂あり、もしくはシャワーありの物件を選ぶと思いますが、風呂なし物件には案外お得な要素があります。

風呂をどう入る?

風呂なし物件は、風呂あり物件に比べて都市部の場合は1万円から3万円程度の家賃節約になります。収入が限られている人にとっては、大きな数字でしょう。風呂がないのにどこで風呂に入るのかといえば、まず最初の選択肢は銭湯になります。しかし近年は銭湯の数が減っており、銭湯の入浴料も2017年11月現在で、東京都の場合は460円とけっこうな値段がします。回数を重ねれば、さらに出費はかさんでゆくでしょう。

スポーツジムを使う

そんな時に活躍するのがスポーツジムです。いまは都市部には24時間利用可能なスポーツジムが多くあります。ほとんどのスポーツジムはシャワールームを備えていますので、風呂はそこで済ませるという方法があります。スポーツジムの会員権は1ヶ月ならば、数千円からありますからお得ですね。

風呂なし物件はお得?

さらに風呂なし物件はほかにも、風呂がない分水回りのトラブルが少ない、スペースが広い物件が多いといったメリットもあります。風呂はほかの手段を用いると割り切れば安い家賃による都市暮らしも可能なのです。