トヨタ・ハイエースはビジネスシーンだけでなく、パーソナルユースとしても非常に高い人気を誇る1BOX車です。トヨエースの小型モデルとして1967年に「日本初の新分野のキャブオーバーバン」として登場して以来、2017年に50周年を迎たロングセラーモデル。

トヨタ車の架装ブランドであるモデリスタインターナショナルは、発売50周年を迎えた11月22日に一部改良を行い安全性能が向上したハイエースをベース車としたコンプリートカー“Relaxbase”を東京オートサロン2018に出展します。

“Relaxbase”はハイエースバンのスーパーGLをベースとしたコンプリートカーで、タイプIとタイプIIの2グレードを設定しています。グレードの違いは内装の装備で、上級グレードのタイプIIはロンリュームフロア、バックドアスカッフプレート、アンカーナット(フロア16カ所)が標準装備となります。

ハイエース“Relaxbase”は「NEO RETRO FUN BOX」をデザインコンセプトに、ユーザーのカーライフに彩りと楽しさを与えたい。そんなデザイナーの想いが込められています。ビジネス車として活躍するハイエースをプライベートユースのユーザー向けに、レトロ感のある内外装や幅広いレジャユースに対応できるユーティリティをプラスして仕立て直しました。

インテリアはグローブボックス上部をはじめ、ヒーターコントロールパネル部。左右のパワーウィンドウスイッチ部に白木目調のインテリアパネルを装着。フロントとリアシートにはホワイトとブルーの2トンカラーを配したトリコットのシート表皮を採用することでリゾート感が溢れていいます。

上級グレードのタイプIIにはオプション装備として、収納ボックス&アンカーナット(左右8カ所)を装備したクォータートリム(税込13万3920円)や補助バッテリー(税込20万5200円)を設定しています。

販売店で装着可能なドレスアップオプション装備として、専用エンブレム付きフロントグリル(10万8000円)、専用フロントバンパーガード(4万8600円)、専用フェンダーガーニッシュ(8万2080円)、専用ルーフラック(14万9040円)、専用リアラダー(6万1560円)を用意。

さらに車中泊を手軽に楽しめるベッドキット(税込20万571円)も設定。畳めば広いラゲージとして使用でき、ベッドの下には荷物を置けるスペースを確保しています。ハイエース“Relaxbase”の車両本体価格は392万6880円〜450万2520円となっています。

このハイエース“Relaxbase”はクルマをベースキャンプとして自由に旅行やカーライフを楽しみたい人にピッタリに仕立てられています(文中内の価格は全て税込です)。

(萩原文博)

【関連記事】

【東京オートサロン2018】モデリスタが見た目だけでなく実用性も高めたカスタマイズを施した新型アルファード
https://clicccar.com/2018/01/02/544711/

【東京オートサロン2018】20周年を迎えたモデリスタブースは「女神」がクルマを紹介!?
https://clicccar.com/2017/12/29/543532/

【東京オートサロン2018】自由に旅行をしたい方にピッタリなモデリスタのコンプリートカー・ハイエース Relaxbase(http://clicccar.com/2018/01/02/544684/)