外交部で開かれた仕事始め式であいさつする康氏=2日、ソウル(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の魯圭悳(ノ・ギュドク)報道官は2日の定例会見で、旧日本軍の慰安婦問題を巡る日本との合意に関連して、「被害者中心の解決策を見つけるため、長官をはじめ外交部(の関係者)が慰安婦被害者と会う日程を調整している」と明らかにした。

 康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は昨年12月28日、慰安婦被害者との面談計画に関し、「当然会う」と述べ、2015年末の慰安婦合意について被害者から意見を聞く考えを示していた。

 合意の破棄や再交渉の要求、第3の方法模索など、慰安婦合意に対する韓国政府の具体的な立場を決めるため、被害者の意見聴取などの手続きが本格化するとみられる。