2014年に登場以来、新世代3輪バイクとして親しまれているトリシティ。なんだかんだで登場してから結構時間が経っているんですね。

4年目となる2018年モデルは見た目的にも、中身的にもブルーなバイクになったようです。

今回のモデルから新しく追加されたシアンカラー。 この色のバイクって中々珍しい! かなり女子受け良さそうな色ですよね。かわいい色代表に君臨しそうです。

これでまず見た目的な”ブルー”に。

変わったのは見た目だけじゃありません。今回からエンジンが変わり、“BLUE CORE”エンジンになったんです。

なんやねんそれ、と思うでしょ。

ヤマハが“走りの楽しさ”と“燃費・環境性能”を両立させるため設計したのがこのブルーコアエンジン。同じヤマハのNMAXに搭載されていましたが、燃費が良いだけでなくパワフルなフィーリングでした。

詳しい人が乗っても「このエンジン、金かかってるな」と思ってしまう超優等生エンジンなんです。

実は今回のモデルで変わったのはカラー、エンジンだけじゃありません。フレーム、足回りも設計が変更され、乗り心地も良くなったし、足元スペースも広くなりました。

フレーム、足回り、エンジン、カラー。ただでさえ良く出来たバイクを作った会社が更に良くしようと頑張ったんだからそりゃあいいに決まってますよね!

■ライトシアン(※ABS付きのみ)

■ホワイト

■マットグレー(※ABS付きのみ)

発売日は2018年1月20日となっています。

バイク初心者でも問題なく乗れてしまう前二輪のシステム「LMW」は様々なバイクに応用されようとしています。以前、MotoBeでも本当に乗れんのかよ?と実験しましたが、前2輪が生み出す抜群の安定感とコントロールのしやすさから初心者でも楽に扱うことができました。

誰でも簡単に乗れるバイクってのがもっと大きくなっていけば、バイクはもっと人々と身近な存在にもなれると思います。今後のトリシティの活躍が楽しみです!

(ライター:佐藤 快/Moto Be バイクの遊び方を提案するWEBマガジン)

【関連記事】


【ライダーの疑問】すり抜けってどうなの?警察官に聞いてみた


【夜ツーのススメ】夜の空港はブラッとツーリングに最適なスポットだった


【ROCK】音楽好きにはたまらない!ギターペイントのヘルメットがかっこ良すぎる!


ケツ痛解消できんの?ライダークッション「ワイルドアス」を500kmツーリングで使ってみた結果

【新世代3輪バイク】ヤマハ・トリシティ125の2018モデルは見た目も中身も別の意味で”ブルー”(http://clicccar.com/2018/01/02/537661/)