金東ヨン副首相=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の金東ヨン(キム・ドンヨン)経済副首相兼企画財政部長官は2日、記者団に対し、ウォンが対ドルで3年2カ月ぶりのウォン高・ドル安水準を記録したことについて、急激な為替変動には政府が対処すべきだとしながらも「ひとまず市場に任せる」と述べた。

 新年初の取引日となった2日のソウル外国為替市場で、ウォンの対ドル相場は前営業日比4.5ウォン高の1ドル=1066.0ウォンで寄り付き、上げ幅を拡大。2014年10月31日(1ドル=1052.9ウォン)以来、3年2カ月ぶりのウォン高水準を記録した。終値は9.3ウォン高の1ドル=1061.2ウォンだった。