「箱根駅伝 往路」(2日・大手町〜神奈川県箱根町芦ノ湖駐車場)

 東洋大が5時間28分29秒で4年ぶりの往路優勝を果たした。総合4連覇の懸かる青学大は、5時間29分05秒で2位となり、往路4連覇は逃したが、復路逆転圏内の36秒差につけた。一方で青学大とともに“3強”の前評判だった出雲駅伝覇者の東海大はトップと5分40秒差の9位、全日本大学駅伝を制した神奈川大は9分35秒差の15位に沈み、逆転優勝はほぼ絶望的となった。

 東海大は今年もまた苦しい戦いとなった。3強の1角として注目されたが、1区から区間順位が7位、7位、3位、12位、12位と低調に終わり、往路9位に終わった。1区にエントリーしていた主力の関(2年)が故障上がりの調整途上で使えず。序盤で流れを掴めず、ズルズルと後退した。両角監督は「3区でゲームチェンジできずに、4、5区とズルズルいってしまった」と、肩を落とした。近年、有望な新人が加入し、V争いに加われる存在としてあげられる東海大だが、箱根では成績を残せない。両角監督は「上位3つにはお手上げ。あとはどれ巻き返せるか」と、逆転Vは諦めた様子で話した。

 神奈川大は4区大塚が区間新記録の走りで3位につけていたが、5区の萩野太成(2年)が低血糖の症状を発症し、区間20位の大ブレーキ。一気に順位を落とした。1区山藤(3年)、2区鈴木健吾(4年)で先行逃げ切りを狙っていたが不発。大後監督は「4区までは良かったり悪かったりで、最後、ブレーキになってしまった。(5区は)夏から準備していたし、調子も悪くなかったけど…」。復路に向けては「なかなかこういう状況になると難しい。1人1人が走って行くしかない」と、足元を見つめた。