政府の仕事始め式であいさつする李首相=2日、ソウル(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は2日、政府ソウル庁舎で仕事始め式を開いた。

 式では李洛淵(イ・ナクヨン)首相があいさつし、「三つを下げて三つを上げなければならない」として、下げることに規制・障壁・自身、上げることに公職力量・感受性・責任感を挙げた。

 また、今年は韓国の1人当たり国民所得が3万ドル(約340万円)を突破する見通しであることに言及し、▼所得3万ドルを多数の国民が体験できるようにすること▼3万ドルにとどまらず、韓国経済を持続させること▼3万ドルの国にふさわしい社会づくりを進めること――といった課題の実現を呼びかけた。