2日、中国のスポーツメディアの騰訊体育はこのほど、中国女子バレー主将の「機転」にネットから称賛の声が上がっていると伝えた。

写真拡大

2018年1月2日、中国のスポーツメディアの騰訊体育はこのほど、中国女子バレー主将の「機転」にネットから称賛の声が上がっていると伝えた。

【その他の写真】

記事によると、バレーボール女子中国代表のキャプテンで、トルコリーグの「ワクフバンク・スポーツクラブ」に所属する朱テイ(ジュウ・ティン、テイ=女へんに亭)は昨年のクリスマスにクラブが主催した仮装パーティーで、日本国旗の「日の丸」が描かれた鉢巻を頭に巻いたクラブ関係者と写真撮影した際、「日の丸」を手で隠す「機転」を見せたという。

記事は「朱の機転にネットから称賛の声が上がっている」とし、「彼女はすでに世界的なスーパースターだが、その人としての振る舞いは、若い世代の模範となるものだ」などと評した。

なお記事に掲載された2枚の写真では、鉢巻のデザインが異なっていることから、記事のコメント欄には「朱が手で隠した鉢巻にはもともと日本国旗は描かれていないのではないか」と疑問視する声が出ている。これについて、「朱がこの関係者に鉢巻を裏返すよう求めた。それでもまだ赤い丸がうっすらと見えていたため、手で隠した」という反論も出ている。(翻訳・編集/柳川)