佐々木希がインタビューに応じた/撮影=大石隼土

写真拡大

人の恋愛をのぞき見しているような感覚のドラマが話題になった「伊藤くん A to E」が、岡田将生&木村文乃W主演で映画化!

【写真を見る】さすがのプロポーション! 佐々木希の美麗グラビア/撮影=大石隼土

超モンスター級“痛男”の伊藤誠二郎(岡田将生)と、彼に翻弄(ほんろう)される4人の女性たち、そして彼女たちの恋愛相談を脚本のネタに使おうとしている崖っぷち“毒女”・矢崎莉桜(木村文乃)の姿を通し、女性たちの本音を赤裸々に描いた映画「伊藤くん A to E」。

1月12日(金)の公開を記念したリレー連載第2回は佐々木希が登場する。伊藤に振り回される女性として、いろいろなタイプのキャラクターが登場するが、佐々木が演じるのは“都合のいい女”【A】の島原智美だ。

誰が見てもイタ過ぎる男・伊藤くんを愛し続けてきた女性に対して、どんな思いを抱いていたのか。自身の“A”(愛らしい部分)と“E”(イタい部分)を交えながら、撮影秘話や見どころを語ってもらった。

――智美は伊藤くんに振り回される女性ですが、演じてみていかがでしたか?

智美は、5年間ずっと付き合っていると思っていた伊藤くんからいとも簡単に「俺、好きな人ができたんだ」って言われてしまって、演じながら「えーっ!」って思っていました(笑)。

智美は彼女なりに思い続けてきたし、少し意地にもなっているだろうけど、それでも伊藤くんのことを愛しているだろうから…。私としては「もっと他にいい人いるのに…」と思いましたけど(笑)。

伊藤くんのような男性を好きになる女性はきっといないとは思いつつも好きな人のために何かをしてあげたいとか、どこか先回りする気持ちは分からなくはないかもしれません。

そういう意味では、智美に全く共感できないというわけではないです。

劇中ではいろいろなタイプの女性が出てきますけど、それぞれのキャラクターに「分かる、分かる」と思えるようなところが、見ている方にもあるんじゃないかなと思います。

――個人的に共感できるキャラクターはいますか?

どの女性にも、ぴったり当てはまるという部分はないですね。ちょっとずつ、気持ちが分かるかな、という感じです。強いて一人を挙げるとしたら、志田未来ちゃんが演じた自己防衛する女性でしょうか。

自分の意見をなかなかはっきり言えない時の気持ちは分かります。その時の自分の立場や状況、年齢で変わってくるのかなとも思います。

――智美は男性に尽くすタイプですが、佐々木さんは尽くすのと尽くされるのでは、どちらがいいですか?

それは難しい質問ですね。う〜ん、どっちも好き(笑)。私は相手のことが好きだったら、先に自分から尽くしちゃいます。これは、男性も女性も関係ありません。見返りを求めることもないですね。別に返ってこなくてもいいやと思いながら自分が尽くす気持ちでいたいです。

もしかしたら、智美はちょっとだけ見返りを求めていたのかな…と思います。

――客観的に見て、伊藤くんのような男性はどう思いますか?

嫌ですね(笑)。智美が買ってくれたグミを違う女性にあげたりするんですよ。

あの行動は、最低だなって思いました(笑)。お金を貸してほしそうな素振りを見せるからお金を渡してあげたら、「君のそういうところが嫌いだ」って言われますし。

だけど、人生において伊藤くんのような人と出会うと自分の新たな感情や人間臭いところに気付かせてくれるから、むしろ出会って良かったのかもしれないですね。

智美だけじゃなくて、他の女性たちも。失敗は成功の元ですよね(笑)。

――伊藤くんを演じた岡田将生さんの印象は?

現場では、ずっと低姿勢の方でした。「すみません、すみません」と言っている姿をよく見ていた気がします。

普段は格好良くて、とても紳士なんですけど、本番になるとびっくりするような駄目っぷりを見せて、伊藤くんになりきっていたのでそのギャップが印象的でした。

――映画版のメガホンを取った廣木(隆一)監督は、ドラマ版でも総監督を務めていました。

ドラマで撮影したものとは視点を変えて新たに映画として撮るという試みが新鮮でした。ドラマを撮影した時の気持ちを忘れないように心掛けました。ドラマの時は映画のような撮り方が印象的でしたし、映画の時は長回しが多かった印象があります。ほとんどカット割りされなかったと思います。

一気に撮るので気持ちは作りやすかったのですが、ミスをして止めてはいけないと思い、いい緊張感の中でお芝居ができました。カットが掛かって、ニヤニヤしている廣木さんがいらっしゃる時もあれば、「もう一回!」という廣木さんもいる。

やっぱり、ニヤニヤされている顔を見たときはうれしいですよね。笑いながら「イタいね」って言われるんですけど「イタくさせているのは誰よっ!」って思っていました(笑)。いろいろなことを学んで、勉強させていただいた現場でした。

――タイトルの“A to E”にちなみまして、佐々木さんのA(愛らしい部分)とE(イタい部分)を、それぞれ教えていただきたいのですが。

愛らしい部分ですか? 自分で言うのは恥ずかしいですね(笑)。う〜ん、どこでしょう。

難しいです…。周りの人からは「飾らないね」ってよく言われたりしますけど…。あとは、手がかわいいと言われることも多いですね。

私の手、小さくてムチムチしているんです。

この自分の手は本当に嫌だったんですけど、最近はちょっとずつですけどムチムチしていて愛らしいなと思えてきたかな?(笑) 

――続いて“E(イタい部分)”は?

犬が好き過ぎるところ。ホントに大好きなんです。好き過ぎてちょっと臭い部分をかぎたくなっちゃうんです。あまりにも匂いをかぎ過ぎて、嫌がられちゃうこともあるんですけど(笑)、もうたまらないんですよ。

もちろん、肉球も大好き! いつも「昨日よりも今日。今日よりも明日がかわいい!」と言って、周りにドン引きされています(笑)。

――新しい年が始まりましたが、2018年はどんな年にしたいですか?

今年は30代になるんです。だからと言って、抱負は特にないですけど(笑)、今まで以上に健康であることが大事かなと。食事はもちろんですし、日々の生活もしっかりしたい。仕事も頑張りつつ、プライベートも充実させたいですね。

そして、もうすぐ公開される映画「伊藤くん A to E」を、ぜひ多くの方に見ていただきたいです。

いろいろなタイプのキャラクターが登場しますけど、さまざまな感情や思いがたくさん詰まっているので、きっと共感していただけるところがあると思います。登場人物それぞれが一生懸命生きて、恋愛している姿を楽しんでください。(ザテレビジョン・取材・文=月山武桜)