鄭義溶・国家安保室長=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)は2日、鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長(閣僚級)の主宰で今年初めての国家安全保障会議(NSC)常任委員会を開いたと発表した。

 この日の会議では、前日に北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が新年の辞で示した平昌冬季五輪への代表団派遣や南北当局者会談開催の提案に対する韓国政府の対応方向を議論した。

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、この日の閣議で北朝鮮の平昌五輪参加を実現するための準備のほか、南北関係の改善と北朝鮮核問題の解決を同時に推進することを指示し、具体的な方策について話し合ったとされる。

 会議には外交部長官、統一部長官、国防部長官、情報機関・国家情報院のトップ、大統領秘書室長らが出席した。