注目すべきは“夏冬スイーツ”!2018年スイーツ予報

写真拡大 (全22枚)

お菓子博士・猫井登による、ゆく年くる年スイーツ企画。後編では、近年「夏スイーツ」に訪れたある変化と、2018年以降注目すべき「冬スイーツ」について、博士の見解を発表します!

 2017年、存在感を示した「ジェラート」「かき氷」「パフェ」が2018年も大活躍?


編集:前編では、2017年1月〜3月のトレンドから、「チョコレート」「インスタ映え」というキーワードのスイーツを紹介しました。それ以降に登場した新たなスイーツも教えてください!

猫井:4月15日には、都内で絶大な人気を誇るパティスリーアテスウエイがジェラートとショコラの専門店「グラス エ ショコラ」をオープン。このほか、表参道などでは海外のアイスクリーム店もオープンしました。

「グラス エ ショコラ」


出典:るーずりーふさん

出典:Chocottoさん

【猫井博士の注目ポイント】思わず写真を撮りたくなるほど、美しく盛り付けてくれます。

編集: 4月から、もう「ジェラート」「アイスクリーム」ですか?

猫井:日本には四季があり、春夏秋冬が大体3ヶ月ずつだったのが、最近は春・秋が極端に短く、夏のように暑くなるのが早く、期間も長くなってきているので、早い時期から氷菓がブームになるわけです。例えば、東京府中にある「シェ アンディ ラボ」では、2014年からかき氷を始め、当初は3ヶ月間限定だった提供期間が年々長くなってきています。

編集:気候によってスイーツのトレンドも変化するというわけですね!

「シェ アンディ ラボ」


出典:*あんこ*さん

出典:*あんこ*さん

【猫井博士の注目ポイント】果物のコンポートを味わってもらうひとつの方法として、かき氷を思いついたそうです。

猫井:2017年6月8日号で雑誌Hanakoが、「フルーツだいすき」という特集を組み、フルーツパーラーのフルーツサンドやフルーツパフェを紹介しました。2018年以降も「フルーツ」というのは、ひとつのキーワードになってくると思いますよ。

編集:フルーツですか。ヘルシーでいいですね!

猫井:わかっていますね! まさしく、その“ヘルシー”がポイントなんです! 「スイーツは食べたい。でも健康も大事」その均衡点がフルーツなんです。フルーツは甘くて美味しい、しかもヘルシー。フルーツを使ったものなら、食べても罪悪感が少ない、というわけです。さて、ここで問題です!

氷菓(ジェラート、アイスクリーム)+フルーツ又はチョコレートといえば、どんなスイーツ?

編集:はっ! わかりました。パフェですね!

猫井:大正解!! パフェは昨年から続くブームですが、それは、パフェを構成するひとつひとつのパーツがスイーツのトレンドに合致しているので、必然といえば必然なんです。しかも、ビジュアルがインスタ映えするとなれば、ブームにならないわけがない! 2018年もパフェブームは続くと思いますよ。

編集:それぞれのスイーツのトレンドが生まれていく背景には、気候の変動や社会の変化など、根拠がきちんとあるわけですね!!

猫井:そうなんです。そんな数あるパフェの中でも、「パティスリー アサコ イワヤナギ」の作品は、味わい、ビジュアルともに秀逸です。

「パティスリー アサコ イワヤナギ」


出典:自称独り者グルメさん

【猫井博士の注目ポイント】イートインでは、「パルフェビジュー」「月替わりのパフェ」の2種類のパフェが楽しめます。