北朝鮮に対し高官級会談の開催を呼びかける趙長官=2日、ソウル(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部の趙明均(チョ・ミョンギュン)長官は2日に記者会見を開き、南北軍事境界線がある板門店で9日に高官級の当局者会談を開催することを北朝鮮に提案した。「会談で平昌冬季五輪への北の参加問題を協議するとともに、南北関係の改善に向けた互いの関心事を虚心坦懐(たんかい)に話し合えることを期待する」と述べた。

 実現すれば、2015年12月の南北次官級会談以来およそ2年ぶり、文在寅(ムン・ジェイン)政権では初の南北当局者会談となる。

 文大統領はこの日の閣議で、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が1日の「新年の辞」で来月の平昌五輪への代表団派遣や南北当局間対話の開催を検討するとしたことに歓迎の意を示し、南北対話の早期再開と北朝鮮の五輪参加に向けた準備を統一部などに指示した。