先日ご紹介した5万円バイクvol.2となるSR400。オークションで仕入れてきた激安車両です。車検を取るため、早速作業に取り掛かったんですが、今になって色々と問題が浮き出てきました…。

今回はユーザー車検にチャレンジ。バイク屋さんにお願いして車検をとってもらうのではなく、自分で陸運局に行って車検を取る方法。

この場合正確には「取る」と言うより「受ける」事になります。

自分で検査上のレーンに並び、バイクが車検適合状態なのか、いくつかの検査を受けて大丈夫なら車検が取得できます。ちょっと面倒だけどバイク屋さんに頼むよりはちょっと安く済む車検取得方法です。

5万円SRが車検で引っかかりそうなところは結構多め。

まず、ハンドルの横幅が長すぎてNG。車検書に記載してある数値内に収めなければいけないんですが、記載が76cmで測定値は90cm弱。このままじゃ確実に落ちてしまうのでハンドルは要交換。

お次はタイヤ。この手のバイクを買ったらほぼ確実に交換しておくべきパーツですが、案の定強烈なヒビ割れ状態…。

シートにはタンデムベルトが無く、他に掴まれそうなところもないので恐らくアウト…。この状態でも違反ではありませんが、構造変更して一人乗りにしないとSRの場合車検は通らないでしょう…。

フロントフェンダーが無いのもNG。これは中古を買ってくるか、適当に代わりを作るかして装着しないとダメですね。

逆に安心したところはチェーンカバーがついていたこと。これが無いと車検通らないのでひとつ手間が省けました。

後はハンドルロックが生きていたこと。実はハンドルロックがないと車検で弾かれてしまうんです。ハンドルがカスタムされていたりすると無くなっている場合もあるので要注意ポイントです!

ちょっと不安なのがエアクリーナーボックス無しの直キャブ。

下にあるフィルターからブローバイガス(本来エアクリーナーに吸わせる臭いガス)が出ているわけですが、位置的に大丈夫なんでしょうか? 陸運局によっては通らなかった、という情報もあります。

もう一つはバッテリーレス仕様。

これ自体は特に問題ないようですが、ライトの光量が足りないパターンが考えられます。アイドリングを高くするか、毎回アクセルを煽るか、どちらにせよちょっとめんどくさそうな部分です。

テールランプも大きさが足りないかも? このサイズのテールランプだと純正に比べてかなり小さいので目をつけられるかもしれません。一発で通りたいなら変えておくべきポイントでしょう…。

様々な問題が浮き上がってきた5万円SR。車両の状態から見ると車検を全く考えずにカスタムしていたようなので恐らく車検が切れて売ってしまったのでしょう。

激安でバイクを買おうとするとこの手の車両はよくあります。ただ車検を通せてしまえば機能的にはちゃんと乗れる状態を作れるので、400だろうが250だろうが多少しか変わらないという考え方もあったり…。

まだ電装系のチェックができていませんがエンジンがかからないことにはわからないため、ひとまずエンジンから修理開始! 次回、バラし始めますがなんといきなりトラブル発生!?

(ライター:佐藤 快/Moto Be バイクの遊び方を提案するWEBマガジン)

【関連記事】


【ライダーの疑問】すり抜けってどうなの?警察官に聞いてみた


【夜ツーのススメ】夜の空港はブラッとツーリングに最適なスポットだった


【ROCK】音楽好きにはたまらない!ギターペイントのヘルメットがかっこ良すぎる!


ケツ痛解消できんの?ライダークッション「ワイルドアス」を500kmツーリングで使ってみた結果

【5万円バイクを直して乗る】激安バイクでユーザー車検にチャレンジ!しかし様々な問題点が…(http://clicccar.com/2018/01/02/541681/)