新社長に就任した武村氏(韓国トヨタ自動車提供)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国トヨタ自動車は2日、新社長に武村信之氏が就任したと発表した。

 吉田明久前社長は4年間の韓国勤務を終え本社に戻る。

 同社によると、武村氏は1990年にトヨタ自動車に入社し、海外市場のための製品企画やセールスマーケティング業務を担当。15年からは中東・北アフリカ部でマーケティングとレクサスの企画に従事した。

 武村氏は「成熟した自動車文化を誇る韓国に赴任することになり、大変うれしい」とし、「これまでグローバル市場で積んださまざまな経験を基に、トヨタとレクサスが韓国の消費者からさらに愛されるブランドになるよう最善を尽くす」とコメントした。