ハリー・ケイン【写真:Getty Images】

写真拡大

2017年にプレミアリーグと欧州五大リーグ公式戦で最も点を取った男ケインに脚光

 サッカー界はワールドカップ(W杯)イヤーの2018年を迎えた。去る2017年、各国のスター選手が集う欧州五大リーグで最も得点を挙げたのは、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)でも、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)でもなく、イングランドが誇る24歳の大型ストライカーだった。海外紙はその価値を「プライスレス」と評し、ファンからも「フットボールモンスター」「スナイパー」と改めて称賛の声が挙がっている。

 まさに「得点マシン」という言葉がふさわしい活躍を見せている。

 欧州五大リーグの歴史に名を刻んだのは、プレミアリーグ・トットナムのイングランド代表FWハリー・ケインだった。昨年12月26日に日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトン戦でハットトリックを達成し、プレミアリーグ年間最多得点記録(39)と欧州五大リーグ公式戦年間最多得点(56)を更新した。

 トットナム公式Youtubeチャンネルは、ケインが2017年のリーグ戦で決めた全39得点のゴール集を作成。無回転ミドル、ボレー、股抜きシュート、直接FK、PKなど得点パターンは多岐に渡り、利き足の右足で21ゴール、左足でも14ゴール、頭で4ゴールとどこからでも得点を狙えることをプレーで証明している。

ファンからの期待大「フットボールモンスター」「スナイパー」「レジェンド!」

 ゴール動画の返信欄にはファンから称賛の声が相次いだ。

「ケインはフットボールモンスター」

「スナイパー!」

「それでもまだ、一部の人々は狂った理由でハリーキーンを過大評価だというんだぜ」

「レジェンド!」

「私の大好きなフットボーラーの1人」

 中には、名前の「ケイン」を猛威を振るう「ハリケーン」にかけて「ハリケーン!」と書き込む者もいた。

 また、シンガポール紙「ザ・ストレーツ・タイムズ」も、「“プライスレス”なハリー・ケインはトットナムの象徴になりうる」と見出しを打ち、「昨季56ゴールを挙げ、ヨーロッパ最高のスコアラーとなった」と絶賛。記事では、マウリシオ・ポチェッティーノ監督が「もしかしたらハリー・ケインは、そのメンタリティーで、ローマでのフランチェスコ・トッティと同じようなプレーヤーになれるかもしれない」と偉大なレジェンドであるトッティになぞらえて語ったことを伝えている。

 ケインの快進撃は2018年も続くのか、世界中から注目が集まる。(THE ANSWER編集部)