◇第94回箱根駅伝(2018年1月2日 東京・大手町=箱根・芦ノ湖、往路5区間107・5キロ)

 1区では、日本テレビで放送しているアニメ「アンパンマン」を模した“アンパンマン号”車両が先頭集団に併走し、観客の視線を釘付けにした。ツイッター上では「アンパンマン号」が一時話題ランキングの1位に躍り出たが、「気になって集中できない」などの投稿が寄せられた。

 選手の激走をアシストするかと思われた“アンパンマン号”だったが、現地で観戦した観客によると「ナンバープレートが隠れているため、整備不良で警察に止められていた」との目撃情報があった。