元プロボクサーのマイク・タイソンが娘にテニスで完敗!?

写真拡大

USTA(全米テニス協会)がTwitterで元プロボクシング世界チャンピオンのマイク・タイソンとその家族がテニスを楽しむ動画を公開している。

マイク・タイソンの娘、ミラン・タイソンは、USTAが立ち上げた、若いプレイヤーに向けたプログラム「ネットジェネレーション」のアンバサダーを務めている。

Twitterで公開された動画には、マイク・タイソンがラケットを持ち、ミランの球を追いかけるシーンや、息子のミゲル・タイソンとダブルスを組んでミランと対戦する様子などが収められている。

この「ネットジェネレーション」は、USTAが行っているプログラムで、5歳から18歳までの子どもを対象とし、全国の学校やテニスクラブで提供されているもの。保護者が安心して子どもを預けられるよう、コーチの身辺調査まで行うという徹底ぶりが話題となっている。

マイク・タイソンはこの動画をリツイートし、「アイロン・マイクがUSTAナショナルキャンパスのテニスコートに現れるなんて考えたことない! 娘のミランと息子のためなら、何でもするということか。家族揃ってもミランに敵うものはいなかった!」とコメントしている。


(テニスデイリー編集部)

※写真は2016年の「BNPパリバ・オープン」を観戦するマイク・タイソン夫妻と娘のミラン
(Photo by Julian Finney/Getty Images)