博士号取り消されるとどうなる?

写真拡大

東京大学で、過去に博士号が授与された論文に他者の著作物からの不適切な引用があったとして、博士号の取り消しがなされました。東大で博士号が取り消されるのはこれで6人目となります。

なぜ取り消されるのか

博士号は、大学院の博士課程に在籍している人が対象となっており、博士論文を提出し、審査に合格すれば授与されます。博士論文はテーマとなる分野の研究が完結したものでなければいけません。そのため幅広い分野をフォローすることになります。今回取り消された博士論文は、他人の著作を不適切に引用していたことが問題とされています。これは他人の成果を自分の中に取り込んでしまう「剽窃(ひょうせつ)」という行為です。悪意や故意の有無は関係ありません。知らず知らずのうちに行ってしまう可能性は誰しもあるものです。そのため研究者は、そうした間違いをおかさないためのトレーニングを積んでいます。

取り消されるとどうなる?

博士号が取り消されるとどうなるのでしょうか。例えば博士号保有を条件に就職をしていた場合は、退職を余儀なくされるでしょう。さらに博士論文は公的な出版物として国立国会図書館にも収められています。それもなくなるでしょう。さらに、近年では博士論文が商業的な出版物として発行されることもありますので、場合によってはそちらも絶版になる可能性があります。博士号取り消しは重大な問題だといえるでしょう。