2017年12月25日にマイナーチェンジを行ったトップオブミニバンのトヨタ・アルファード/ヴェルファイア。内外装の変更と同時に安全装備や快適装備の充実が図られています。

モデリスタインターナショナルは、マイナーチェンジを行ったアルファードにPerfect Luxury(パーフェクトラグジュアリー)、ヴェルファイアにDynamic Presence(ダイナミックプレゼンス)という異なるコンセプトのカスタマイズを施し、トップオブミニバンに相応しい威風堂々とした存在感溢れスタイリングとしました。

東京オートサロン2018のブースに出展されるのは、アルファードのエアログレード。装着されるエアロキットはワイド感を強調し、ブレード形状のセンター部大型メッキ加飾をスポイラー先端に配置することで、空気を切り裂いて突進していくような鋭さのあるフロントスタイルが特徴です。

加えて、エレガントなフロントフェイスを演出する「アドバンスドフェイススタイル」を採用。ヘッドランプと呼応したグラフィックイルミネーションとそれを取り囲む大型のメッキ加飾の煌めきが特徴の「シグネチャーイルミブレード」。大型メッキグリル風のデザインに変貌させ、ラグジュアリー感溢れる上質なフロントマスクを作り出す「フロントグリルカバー」。そして流麗で煌びやかなフロントマスクを演出する「ヘッドライトガーニッシュ」の3点をセットして15万8760円で販売。(単品の販売も可能)

純正のフロントバンパーに装着するタイプのフロントスポイラーはエアログレードらしく、鋭さを表現。サイドスカートはフロント&リアフェンダー、フロント&リアドアの4ピースに分かれており、メッキ加飾されたモールによって車両をより低く、立体的に見せる効果を発揮し、クルマ全体を堂々とした塊感を一層際立たせています。

リアスカートは双胴船をイメージしたデザインを採用。メッキ加飾を大胆に配置し、ダイナミックで低重心なリアスタイルを演出します。

フロントスポイラーは8万6400円、サイドスカートは7万8840円。リアスカート+スポーツマフラーは10万8000円、リアスカート+マフラーカッターは7万8840円。フロント+サイド+リア&スポーツマフラーの3点セットが25万3800円。フロント+サイド+リア&マフラーカッターのセットが22万5720円となっています(エアロパーツは全て塗装済)。

そのほか、アルファード全モデルに対応したメッキとカーボンを組み合わせたフェンダーガーニッシュ。サイドミラーにシャープさを加えて高級感を演出するミラーガーニッシュ。さらにリアコンビネーションランプ下に装着すると、高級感が溢れるリアスタイルを演出するバックドアガーニッシュがセットになった「クールシャインキットプレミアム」を8万1000円で設定しています。

足元には裾拡がりに変化する5本のV字切削面がダイナミックでメカニカルなインションを増幅させ、先進的な存在感を演出する20インチのアルミホイール、モデリスタ WingDancer宗ヨコハマタイヤ BlueEarth RV-02のセットを装着。サイズは20インチ×8.5J・245/40R20。価格は40万5000円となっています。

カスタマイズパーツはドレスアップだけに留まらず、スライドドアの開閉に連動して自動で展開格納するスタイリッシュなステップ「ステッパルS」を設定。夜間の乗降時にも安心なイルミネーションが付いており非常に便利なパーツで価格は21万3840円です。

モデリスタのカスタマイズは見た目だけでなく、実用性にもこだわっていることがわかります。ブースではミューズの八鍬有紗さんが担当となっています(文中の価格はすべて税込)。

(萩原文博)

【関連記事】

【新車】マイナーチェンジで外観の精悍さが増したトヨタ・アルファード/ヴェルファイア
https://clicccar.com/2017/12/28/543915/

【新車】さらにゴージャスさを増したインテリア。贅を尽くした豪華な空間を誇る、新型トヨタ・アルファード/ヴェルファイア
https://clicccar.com/2017/12/28/543937/

【新車】マイナーチェンジしたトヨタ・アルファード/ヴェルファイアは、走りも安全も抜かり無し!
https://clicccar.com/2017/12/28/543975/

【東京オートサロン2018】20周年を迎えたモデリスタブースは「女神」がクルマを紹介!?
https://clicccar.com/2017/12/29/543532/

【東京オートサロン2018】モデリスタが見た目だけでなく実用性も高めたカスタマイズを施した新型アルファード(http://clicccar.com/2018/01/02/544711/)