西郷さんが"人を相手にせず"と語ったワケ

写真拡大

2018年のNHK大河ドラマは「西郷(せご)どん」だ。主人公の西郷隆盛は、「空前絶後の偉人」といわれる。その人格に磨きがかかったのは、通算5年間にも及ぶ「島流し」の時期だったという。人はつらく苦しい局面に立たされると、逃げ出したくなる。だが、そこで突き進めれば、人として大きく成長できる。西郷さんの生き方を、作家の城島明彦氏が解説する――。(第2回、全3回)

■ビジネスマンの基本は「無私に徹する」「真心を尽くす」

“現代の経済界の西郷さん”ともいうべき鹿児島出身の稲盛和夫氏は、『人生の王道――西郷南洲の教え』の中で、41カ条ある西郷さんの遺訓を次の12のキーワードに分類し、そのトップに「無私」を挙げている。

(1)無私
(2)試練
(3)利他
(4)大義
(5)大計
(6)覚悟
(7)王道
(8)真心
(9)信念
(10)立志
(11)精進
(12)希望

無私とは「私利私欲を捨てること」である。次いで重要なのは「真心」だ。真心は誠意であり、昔の言葉でいうと「至誠」である。ビジネスマンの基本は、「無私に徹する」「真心を尽くす」の2つなのだ。さらにいえば、「利他」である。利他は「他を利すること」で、「相手にプラスになるように配慮すること」をいう。

西郷隆盛は、正義感が強い人だった。18歳で藩に出仕して郡奉行所に配属され、農民と接しているうちに理不尽な圧政がまかり通っていることに義憤を覚え、27歳のときに「農政意見書」を提出して藩主島津斉彬に注目され、「庭方(にわかたやく)」に大抜擢された。庭方役は「秘書兼密偵」のような仕事で、面倒な手続きを経なくても藩主のそば近くに自由に伺候でき、しばしば密命を帯びて極秘裏に水戸藩主の徳川斉昭、越前藩主の松平春嶽らと会い、意見を交換した。

そうやって着々と人脈を築きながら、強力なリーダーシップを発揮し、会津藩と手を組んで尊攘派の長州藩や公家を京都から追放。「薩摩に西郷あり」といわれるようになるのだ。西郷隆盛が並の人間と異なっていたのは、決して「上から目線」で人に接したり、傲慢な態度を取ったりせず、どんな相手にも真心を込めて相対した点だ。

新選組も隊旗に「誠」の字を入れていた。問題は、真心がこもっているかどうかだ。上司をいさめるときも同様である。真心は相手に通じる。西郷隆盛も吉田松陰も、「至誠」こそが人を動かすと信じた。江戸攻めを敢行しようとしていた西郷は、江戸決戦で江戸八百八町が炎上し灰燼に帰すことを懸念した幕府の代表勝海舟の呼びかけで会談し、「江戸城無血開城」を決めたが、それも互いの至誠が響き合ったからである。ビジネスの基本はこれだ。

■「武闘派」を理解しないと評価を見誤る

人間、ときには周囲をあっと驚かせる大胆な言動も必要だ。西郷隆盛がそうだった。

明治維新は、それまで敵対していた薩摩・長州の両藩が、坂本龍馬らの仲介で一転して手を結んだことで実現した。そのための話し合いでは、長州藩の代表木戸孝允の主張に対して薩摩藩としていくらでも反論できたのに、西郷は少しも反論せず、「ごもっともでございます」といったと品川弥次郎は語り、「そこが西郷の大きいところだ」と褒めたたえている。品川弥次郎は、吉田松陰の私塾「松下村塾」で教えを受けた英才の1人だ。

西郷隆盛は「武断派」である。このことを理解しないと、評価を誤る。つまり、西郷がよって立つ行動規範「知行合一」は、中江藤樹を始祖とする「日本陽明学」という革命思想で、吉田松陰も松下村塾の掛け軸にこの四文字を記している。陽明学は中国の明の時代に王陽明が唱えた思想だが、政治との結びつきはなかった。しかし、日本では政治と強く結びつき、幕府を倒す革命思想として独自の進化を遂げたので、「日本陽明学」と呼んでいる。

西郷は一言が重い。1967(慶応3)年に将軍が統治権を天皇に返還した「大政奉還」に続いて、「王政復古の大号令」が発せられた夜、徳川家の処遇をめぐって、御所の小御所で開かれた会議(小御所会議)が紛糾したときに、外で護衛を指揮していた西郷は「ドス一本あれば片付く」と言い捨てた。それを伝え聞いた岩倉具視はそれまでの優柔不断さが消し飛び、懐に短刀を隠し持ち「いざとなったら差し違える」と決意を固め、対立していた山内容堂は反対意見を引っ込めたことで、難題は一気に決着したのである。

後に新政府が「版籍奉還」を決めかねているときも、西郷は「文句をいう藩がいたら、近衛兵を率いて攻め込むまでだ」といって、その場をまとめた。西郷の愛読書『史記』(李斯伝)に「断じて行えば則ち鬼神之を避く」(断固たる態度で物事を行えば、どんな困難なことでも成功へと導くことができる)とある。

西郷隆盛の人格に磨きがかかったのは、逆境下の失意の中でだった。西郷は二度「島流し」に遭い、奄美大島、徳之島、沖永良部島の3島で通算5年間にも及ぶ逆境に置かれた。最初の奄美大島への島流しは、大老井伊直弼の恐怖政治「安政の大獄」のとばっちりで、幕府に命を狙われた尊攘僧の月照を逃走させようとして果たせず、責任を痛感して入水自殺したのだが、西郷だけ息を吹き返した。

藩は幕府とのごたごたを避けようとして、西郷を奄美大島に流して身を隠させたのである。そのとき西郷は島妻と結婚し、菊次郎、菊草(菊子)の2子をもうけている。菊次郎は9歳で、菊草は14歳で鹿児島の西郷家に引き取られた。

■「逆境」での自分磨きが「大飛躍」へのカギ

西郷はなぜ自殺しようとしたのか。藩主島津斉彬が急死したとき、西郷が殉死しようとしたのを月照にいさめられ、思いとどまったという経緯があったからだ。受けた「恩」を返そうとしたのである。「受けた恩は返す」という考え方は「至誠」そのものであり、今日のビジネスでも軽視してはいけないことである。

西郷が悟りの域に達したのは、藩父島津久光の命に逆らったという理由で、徳之島を経て沖永良部島へ流されたときだ。海辺のふきっさらしの狭い牢獄に込められ、みるみるうちに痩せ細って死と向き合った。監視役の土持正照から「用事があったら鳴らしなされ」と拍子木を渡されたが、一度も拍子木を使わず、端然とした姿勢を崩さなかったという。見かねた土持が代官と掛け合って自宅に座敷牢をつくり、そこに移ったことで西郷は九死に一生を得たのである。土持の人情に触れ、島人たちとも交流を深める中で西郷が悟ったのが、先述した「敬天愛人」という境地だったのである。

「胸突き八丁」という言葉がある。富士登山で頂上まであと八丁(約872メートル)付近の険しく厳しい場所の意味から転じて、人生のあらゆる場面での「正念場」をいうが、人はそのようなつらく苦しい局面に立たされると、音を上げ、そこから逃れたくなるものだ。だが、渾身の力を振り絞って自分自身の中の「弱気の虫」と格闘しながら突き進んでいくと、その正念場を乗り切ることができ、人として大きく成長し飛躍することができるのだ。その成果はすぐには現れないかもしれないが、いつか必ず花開くときが来るはずである。

そのときの心得について、西郷隆盛はこういっている。

「人を相手にせず、天を相手にせよ。天を相手にして、己を盡(つくし)て人を咎(とが)めず、我が誠の足らざるを尋ぬべし」

これは、旧庄内藩士が編集した『南洲翁遺訓』に出てくる言葉である。

庄内藩は、江戸の薩摩屋敷に放火して戊辰戦争のきっかけをつくっただけでなく、最後の最後まで西郷が率いる官軍と戦った仇敵である。したがって、どんな厳しい処分が下っても不思議ではなかったが、西郷が下したのは「切腹ゼロ、藩主は菩提寺で謹慎、藩士は自宅で謹慎」という誰も予想しえなかった寛大な処分だった。「昨日の敵は今日の友」という西郷の考え方を知った藩主らは、深い感銘を受け、戦争が終わると「おいの役目は終わった」といって鹿児島に帰っていた西郷を大勢で訪ね、教えを請うたのである。

庄内藩士は、その後、そのときの講義録を小冊子にしたが、西郷が西南戦争で賊徒となったためにすぐには日の目を見なかった。人々の目に触れるようになるのは、先述した大日本帝国憲法発布に伴う大赦で西郷さんの名誉が回復されてからである。

----------

城島明彦(じょうじま・あきひこ)
作家・ジャーナリスト
1946年、三重県生まれ。早稲田大学政経学部卒。東宝、ソニー勤務を経て、短編小説「けさらんぱさらん」で文藝春秋の「オール讀物新人賞」、作家となる。著書は『「世界の大富豪」成功の法則』『宮本武蔵「五輪書」』『吉田松陰「留魂録」』『広報がダメだから社長が謝罪会見をする』『ソニーを踏み台にした男たち』『恐怖がたり42夜』など多数。近著に『考証・西郷隆盛の正体』『中江藤樹「翁問答」』がある。

----------

(作家・ジャーナリスト 城島 明彦)