"引きこもり予備軍"で老後資金は消滅する

写真拡大

お金さえあれば、人生は安泰なのか。もちろん、そんなことはない。雑誌「プレジデント」(2017年6月12日号)の特集「お金に困らない生き方」では、人生の後半戦にやってくる5つの「爆弾」への備え方を解説した。第4回は「子が自立できない」について――。(全5回)

■Fランク大“中退”働く気ゼロの息子

子どもを大学まで出したら、「子育て」はほぼ終了――。多くの親がそう考えているに違いない。あとは子ども本人が働いて独立してくれるだろう、と。だが、そうは問屋が卸さない“不出来”な子も少なくない。

30〜50代世帯にとって住宅ローンとともに家計に重くのしかかるのが、子どもの教育費だろう。幼稚園・保育園から大学まで、授業料だけでなく、習い事代、塾・予備校費などがかかる。高校・大学が私立であれば、教育費の合計は軽く1000万円超だ。そこまで育て上げるのも大変なのに、あろうことか大学を出ても経済的自立できないことが珍しくない。

都内在住の女性Aさん(55歳)のひとり息子は現在大学7年生(26歳)。取得済み単位数から見て、卒業できる可能性はゼロに近い。授業はろくに受けず、バイトもせず、大学入学直後から始めたマリンスポーツばかりしている(だから就職活動もしない)。

いわゆるニートや大人の引きこもり家庭の家計相談も受けているファイナンシャルプランナー・畠中雅子さんはこう語る。

「聞けば、息子さんが通っているのは(最底辺とされる)Fランク大学で、学費は年間130万円と私大文系にしては少し高め。取り組むスポーツに関して、本人は将来プロを目指しているそうですが、あてにできないと母親は言います。用品費、移動費などで年合計60万円かかる。それだけでこの7年間に1300万円超。浪人(予備校の寮費込みで年350万円)も1年しているので、計1700万円近い“教育費”がかかっています」

せっかくそんな大金をかけたのに履歴書に「大卒」と書けない。働く意欲はもともと低い。となると、ほぼ100%パラサイト……。この先も家に居座る息子の衣食住を支えなければならず、家計は逼迫するばかりだ。

■欧州で働く娘に1200万円仕送り

一方、千葉県在住の男性Bさん(63歳)も、娘(29歳)が経済的自立ができずに困っている。ただ、前出のAさん宅の息子と違って、大学には真面目に通って卒業し、就職もした。にもかかわらず……。

「Bさんの娘さんはアメリカの大学を卒業後、心理学の勉強をするために欧州の大学へ再び入学しました。卒業後、心理カウンセラーの臨時職に就きましたが、月収は5万円。5万円では生活できないと訴える娘に対して親が月20万円仕送りする生活がすでに5年も続いています。娘さんは当分の間、帰国する予定はないそうです」(畠中さん)

Bさんの娘は“ワケあり”だ。実は、中学時代にイジメにあい不登校となったため、高校は通信制の学校に入学。同時に、どこか生きるのに息苦しさを感じる日本を脱出すべく英会話スクールで勉強。西海岸の大学へ渡ったのだ。年100万円程度の授業料に加え、アメリカ留学費(寮費や生活費)、その後に入り直した欧州の大学への留学費(同)、さらに仕送りを合計すると、なんと3500万円超だ。

「Bさん夫婦はすでに定年を迎え、年金や預貯金を切り崩して仕送りを継続しています。本来なら、老後資金となるべきお金が娘さんに流れてしまっている。Bさんご夫婦としては、娘を無理に帰国させても、トラウマのある日本で働けずに引きこもられるより、今のほうがマシと考えています」(畠中さん)

Aさんの息子も、Bさんの娘も、いわば「引きこもり予備軍」。もし本当に経済的自立ができなかったら親の老後計画の崩壊は必至だ。「親がお金の支援ができるのは、あと1年だけ」などと子どもに勧告すべきだ、と畠中さんは何度もA・Bさんにアドバイスするものの、ふたりとも子どもに甘い。懸命に働いて貯めた老後資金はダダ漏れ状態だ。

----------

畠中雅子
1963年生まれ。ファイナンシャルプランナー。家計相談のほか、40代以上の引きこもりの子がいる親の相談も受ける。著書に『ミリオネーゼのマネー術』など多数。
 

----------

(ファイナンシャル・プランナー、「働けない子どものお金を考える会」代表 畠中 雅子 構成=大塚常好)