<箱根駅伝・戸塚中継所>3区・田村にタスキを繋ぐ青学大・2区の森田(左)

写真拡大

 ◇第94回箱根駅伝(2018年1月2日 東京・大手町=箱根・芦ノ湖、往路5区間107・5キロ)

 1区5位発進となった青学大は2区の森田歩希(3年)が前回2区区間賞の神奈川大の主将・鈴木健吾(4年)との競り合いを制し、2位でたすきをつないだ。首位の東洋大とは22秒差。

 エース区間の2区を任されるのは初めてだが、快走を見せ「思っていた以上の走りが出来た。プレッシャーもあったが自分の走りをすれば結果は出ると思っていた」と安どの表情。

 今大会は「ハーモニー大作戦」を掲げ4連覇を狙う青学大の調和がとれ始めた。3区を走るのは大学3大駅伝で5度の区間賞を誇る“駅伝男”の田村和希(4年)。自身の箱根駅伝を負けなしで締めくくる。