磯辺焼き・きなこ・みたらし……餅の太りにくい食べ方は?

写真拡大

 お正月といえば餅! でも、お餅は糖質が多いため、食べ過ぎると正月太りに陥ってしまいます。すでに手遅れなんて人もいるのでは? 何とかして、お餅を食べても太りにくくする方法はないのでしょうか?

 情報番組「林先生が驚く初耳学!」(TBS系列)で紹介されていた内容によると、みたらし、きなこ、あんこ、磯辺焼き、からみ餅などのうち、どれが最も太りにくいかと比較した結果、磯辺焼きがGI値が最も低く、最も太りにくいお餅の食べ方だと判明。また、海苔に含まれている、食物繊維が糖質の吸収を抑える効果があること、マグネシウムが糖の燃焼を高めることが紹介されていました。

 ちなみに、モデルの森貴美子さんの家では、磯辺焼きに砂糖醤油をつけるのが定番なのだそう。でも、森さんが一番好きなのは、バター醤油をからめる食べ方なんだとか。どちらも美味しそうではありますが、太りたくない人にとってはご法度ですよね。

 お餅自体が太りやすいものではあるものの、「餅のない正月なんて!」と思うなら、せめて太りにくい食べ方にしたいですね。