新年の辞を発表する金正恩氏=1日、ソウル(朝鮮中央テレビ=聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が1日の「新年の辞」で、2月に韓国で開催される平昌冬季五輪に選手団を派遣する用意があると述べたことについて、国際オリンピック委員会(IOC)が歓迎する意向を示した。

 IOCの報道官は日本時間の2日、五輪関連のニュースを専門に扱うメディア「インサイド・ザ・ゲームズ」とのインタビューで、北朝鮮の平昌五輪参加に向け「大会組織委員会、韓国政府、北朝鮮の国内オリンピック委員会(NOC)と緊密に協力する」と述べた。

 IOCは近く、ワイルドカード(推薦枠)を与えることなどを含め北朝鮮選手の平昌五輪参加に向けた各競技国際連盟(IF)との本格的な協議を開始し、韓国政府や北朝鮮NOCと水面下で交渉を続けると見込まれる。