リンゼイ・ボン

写真拡大

 平昌五輪には各国から“美女アスリート”が集まってくる。カーリングは注目競技のひとつで、カナダ代表として五輪初出場を果たしたリサ・ウィーグル(32)とレイチェル・ホーマン(28)はカメラマンが追い続けるターゲットになるだろう。2人とも既婚者だが、ストーンを投げるときの表情は魅惑的。ウィーグルは時折、めがねをかけているが、そのときは“素顔”を想像して画面を注目してほしいところだ。

 ロシアという名は語れなくなったが「独立参加選手団」のサードとして出場するアンナ・シドロワ(26)も注目に値するアスリート。2010年のバンクーバー大会に続く2度目の五輪となるが、ウィーグル、ホーマンのカナダ勢同様にリンクの温度とは対照的な熱い視線を集めるだろう。

 アルペン競技の女王はW杯総合で過去4回優勝している米国のリンゼイ・ボン(33)で、2006年のトリノ五輪に出場したときからの注目株。2013年に夫だったトーマス・ボン氏と離婚後は、プロゴルファーのタイガー・ウッズ(42)との交際でも話題になった。2010年にはスポーツイラストレイテッド誌で水着もモデルとして登場し、ヌードも披露して話題騒然。今季のW杯総合順位は17位と苦戦中だが、本番では結果と美貌の両方に期待したいところだ。

 ボンと双璧とされるのはスイスのララ・グート(26)だが昨年2月の世界選手権で膝のじん帯を断裂。五輪本番に間に合うのかは微妙で、その動向が注目されている。

 美女アスリートを多数、輩出しているのはスノーボード。ノルウェーのシリエ・ノレンダル(24)は世界中のファンの後押しがあるだけに、平昌五輪でも大きな声援を浴びるはず。また水着姿を披露しているオーストリアのジュリア・デュモビッツ(31)や、穏やかな笑顔が人気を集めているスイスのナジャ・パーチャート(28)が注目株。オーストリアのイナ・メシク(27)はこの中にあってただ1人、セミヌードを披露したアスリートだけに出場すればホットな話題を提供してくれることだろう。