踊りだす岡崎体育に、観客も大いに盛り上がる

写真拡大

2017年12月28日〜31日の4日間、千葉・幕張メッセにて開催された国内最大の年越し音楽フェスティバル「COUNTDOWN JAPAN 17/18」。2日目となる12月29日、シンガーソングライター・岡崎体育はGALAXY STAGEのトリを務め、圧巻のパフォーマンスと引き込まれるトークで観客を釘付けに。

【写真を見る】“無意味に分身”する岡崎体育

公演前日となる12月28日、岡崎は自身の公式Twitterで「10-FEETの裏て!!!!!」と発信。EARTH STAGEのトリを務めるロックバンド・10-FEETと時間帯が被っていることを嘆いていた。これに対し、10-FEETのベース・ボーカルのNAOKIは「岡崎体育の裏て!!!!!」と引用リプライを返しており、仲の良いやりとりを見せた。

そして迎えた12月29日、岡崎はタイムテーブルを確認するまでのネタを披露。たちまち「10-FEETの裏はキツい」でスタートを切った。ユニークなラップで観客を沸かせると「よろしくお願いします!」と笑いながら元気よくあいさつした。続けて「10-FEETの裏はキツい!」とコメントし、会場は爆笑の渦に包まれる。

そのまま「10-FEETの裏はキツい 裏はキツい 10-FEETの」という大合唱が沸き起こるが、途中でカメラがなぜか10-FEETのタオルを振っている最前列の観客を捉え、その模様がスクリーンに映し出される。この意外な展開に、またもや会場は大笑い。

MCでは「12月生まれの人、put your hands up in the air!」と誕生日を限定して、手を挙げてもらうよう指示する。続いて「それ以外の人は踊らないでください!」と叫ぶと、戸惑いを見せる観客の姿も。

これを見かねた岡崎は「いやいや、ちょい待ってちょい待って、岡崎体育と!」と自分でツッコミを入れ、「全員で踊りにいきたいでしょうが! 全員、put your hands up in the air!」と観客全員に手を挙げてもらうよう指示し、観客はたちまち笑顔で応えていく。

この様子に岡崎はうれしそうに「めちゃくちゃ楽しい50分間をお届けします! 全員踊れ!」と「Stamp」を流し始めた。続いて岡崎は「盛り上がっていきますか? 10-FEETは大丈夫ですか?」と再び10-FEETネタで観客を笑わせると、破竹の勢いでトークをさらにヒートアップさせた。

続けざまに「(10-FEETのボーカル・ギター)TAKUMAさんに『一緒に笑おうや』って言われていて。年末でこんな戦うことになるとは思いませんでした…。皆さんと一緒に盛り上がれたらいいなと思っております!」と素直な気持ちを打ち明けた。

会場からは笑いが絶えないまま、「Open」へと移り変わる。EDMを取り入れたサウンドに、会場のボルテージは一気に最高潮へ。跳びあがる観客の姿を見ながら、岡崎もまた大いに会場の雰囲気を楽しんでいる様子で、次の「MUSIC VIDEO」を披露した。

イントロで既にあちこちから歓声が上がる中、圧巻な演出でますます盛り上がりを見せる。実際に岡崎が“カメラ目線で歩きながら”歌い、“突然カメラを手で隠して”みせた。岡崎のサプライズはこれだけにとどまらず、スクリーンを“モノクロの映像”に変え、“わざとザラついた映像”を映し出した。また、岡崎が3人映し出され、“無意味に分身”する。

「泣かす 踊らす 音楽聴かす 窓にもたれさす 倒れさす」という“女の子の演出講座”とサビでは大合唱が沸き起こり、ボケるところではしっかり「なになに、何のメッセージ性やねん、コレ」とボケてみせ、笑いを取る。

大喜びの観客だが、中には冗談半分で岡崎をイジるような声援も。これに対し岡崎は「ちょいちょいデブとかブサイクとか罵声が飛んでいるんですけど、あとで殺させていただくことになります。ほんと、気をつけた方がいいですよ」と物怖じせずコメントした。

続いて「カウントダウンまで、あと4000秒くらいですかね」とボケると、観客は笑いながら拍手。その後も「いろんな夏フェスに出させていただきまして。今年の夏、日本一キツい“B'zの裏”を俺が引き受けました。冬は優しくしてくれると思っていました。10-FEETの裏はキツい」と勢いが止まらない。

夏の音楽フェスティバルの話を再度話したかと思うと、「“ツーステップ”みたいなのってみんな知っている?」と突然、ツーステップを表現しようと踊り始めた。必死に踊るもやや滑稽な姿に、観客は大爆笑。

今度は、ウォール・オブ・デスの話へ。観客が、真ん中から左右に分かれ、曲が開始すると同時に全員が体ごと突撃する最も危険なモッシュであると紹介し、「やってみようかなって思いまして」と安全なウォール・オブ・デスをやりたい旨を伝え、場を賑わせた。

そのまま流れるように「Walk Of Death」を演奏し始めると、ざわめく観客の姿も。観客に向かって岡崎は「元気ですか?」と声を掛け、「世界一安全な“ウォーク”・オブ・デス!」と会場を半分に分け、真ん中から二つに分かれて無言で歩いて戻るというとてもシュールな光景を作り出した。観客の中には腹を抱えて笑う人も。

そして「岡崎体育、好きだよーって人?」と声を掛けると、会場からちらほらと手が挙がった。「100人いなかったですけど、大丈夫ですか?」とすかさず切り込んでいく岡崎は、「ミュージシャンの中で断トツで多いのがバンド」と話し始め、「バンドって皆さん意味知ってます? 辞書で調べたら“絆”って意味なんです」と、徐々に岡崎が嫉妬心をむき出しに。

夏フェスの話に戻り、バンドの会話に混ざれなかったという岡崎は「僕、全く混ざれず、タンドリーチキンひたすら食べていました」と自虐トークでさらに会場を沸かせた。

その後、「“FRIENDS”を歌います。一人で歌ってもしょうがないので、今日は友達を連れてきています!」とおなじみの“てっくん”という名前のパペットを差し出し、タイムテーブルのネタも混ぜながら「FRIENDS(絆ver.)」を披露した。

岡崎は「ということで、岡崎体育です。よろしく!」と改めてあいさつをし、「元気ですか?」と再度会場の温度を確かめると、「東京? 千葉? 埼玉?」と次々どこから来場したのか聞いていく展開に。

そして、再びバンドに対する嫉妬心をむき出しにしたかと思いきや、「本当は僕は仲良くできたらいいなと。僕は本当にみんなと楽しくやっていけたらいいなと。僕はみんなで楽しくできたらいいなと」と「感情のピクセル」へスムーズに繋いでいく。

サビでは大合唱が沸き起こり、ヘドバンする人も続出する。拍手が鳴り響く中、「岡崎体育ね。実のところ、次の曲で最後なんですよ」とライブ恒例のフレーズが。すかさず観客からは「えー!」とおなじみのフレーズで返していき、「ちょっとそれ、どっちの『えー!』」という定番のやりとりが行われた。

ラストを飾ったのは「Q-DUB」。「ありがとう! 岡崎体育でした。良いお年を!」と去っていく岡崎に対し、アンコールの声が鳴り響くと、岡崎が再度姿を現した。

アンコールでは「Explain」を披露し、パフォーマンスの中で口パクであったことをカミングアウトする場面も。笑いながら楽しそうに目を見張る観客に、実際に水分補給をするなど、最後まで手を抜かずにしっかり見せていく岡崎。「ここでお客さんは手を挙げてくれるはず」と歌う場面で、観客も一斉に応えていく。

最後のMCでは、「僕は2020年までにさいたまスーパーアリーナでライブを行いたいという夢があります。絶対やります! よろしくお願いします!」と意気込み、観客は最後まで笑いながら楽しんでいた。

また、岡崎はこの日、自身のTwitterでこの日歌ったセットリストと「See you next year!!!」というメッセージを残している。(ザテレビジョン)