HARUNAの熱唱に、観客は凄まじい熱気を見せる

写真拡大

2017年12月28日〜31日の4日間、千葉・幕張メッセにて開催された国内最大の年越し音楽フェスティバル「COUNTDOWN JAPAN 17/18」。12月29日、ガールズバンド・SCANDAL(スキャンダル)が登場し、多くの観客を賑わせた。

【写真を見る】観客の様子に、うれしそうに微笑みあうSCANDAL

はつらつとした元気の良い「盛り上がっていきましょう〜!」という叫び声とともに登場したSCANDALは、「Image」を演奏。メンバー4人、それぞれ同じ気持ちで同じ方向を見ているという同楽曲で、好調なスタートを切った。途中、「幕張〜!」と叫ぶ場面もあり、観客は熱い声援を送る。

続いて、結成10周年となる2016年にリリースしたダンスチューン「テイクミーアウト」でさらに会場を盛り上げていく。2段階のイントロが始まると、観客たちはヒートアップ。「踊れ!」というメンバーの期待に応えるように、観客たちはギターリフと個性のあるドラムのリズムに合わせて体を揺らし、大合唱も始まった。

そして、アッパーチューンの「LOVE SURVIVE」で熱気を煽っていく。ツインボーカルの絡みを中心に、観客たちは熱狂していた。「改めまして、SCANDALです! COUNTDOWN JAPAN! GALAXY STAGE、楽しんでいますか〜?」というあいさつには、観客たちが思いっきりステージに向かって手を伸ばしていた。

観客の様子を見たメンバーはうれしそうに「後ろの方も手を挙げてくれている。ありがとうございます! 今年やってきたたくさんのライブの中で一番良いライブにしたいと思います。今年一年たくさんお世話になってきたという感謝と、全てをかけて、死ぬ気でいきたいと思います! 悔いのないように死ぬ気の覚悟で付いてきてもらいたいと思います!」と伝え、最新曲「恋するユニバース」へ繋げていく。

MVでは、メンバーの色気がたっぷり詰まった作品となっており、ファンの間では話題となっていた。ギター・ボーカルのMAMIと、ベース・ギターのTOMOMIがキスする一幕が展開されている。

メンバーもハイテンションで「ありがとう! 騒げ、幕張!」と叫び、ベストアルバムにも収録されている3曲を続けざまに披露した。観客の熱気も凄まじく、「Flashback No.5」で激しく踊り、“鳴りやまない鼓動に身を任せ”たかと思いきや、「会わないつもりの、元気でね」ではヒップホップ調に手を振り上げる観客であふれていた。そして、「太陽スキャンダラス」では大合唱を見せた。

その後、人気曲「瞬間センチメンタル」でラストを飾る。観客たちからの合唱が強まっていくと、メンバーが笑顔でサビを観客に任せるシーンも。観客はこれぞと言わんばかりに一生懸命、声を張り上げていた。メンバーのうれしそうな「ありがとうございました! SCANDALでした! またねー!」というあいさつで、SCANDALのステージは幕を閉じた。(ザテレビジョン)