ナヲは「はっきり言って負ける気は一切しない!」と他のバンドに対抗心を燃やす!?

写真拡大

2017年12月28日〜31日の4日間、千葉・幕張メッセにて開催された国内最大の年越し音楽フェスティバル「COUNTDOWN JAPAN 17/18」。12月29日、ロックバンド・マキシマム ザ ホルモンは3年ぶりにEARTH STAGEに姿を現し、大歓声を巻き起こした。

【写真を見る】思わず「ここから見る景色、えげつないわ」と発したその光景とは?!

メンバーのナヲ(ドラムと女声と姉)の妊活によるライブ活動休止期間を終えたマキシマム ザ ホルモン。活動休止から2年ぶりとなる2017年、ファン待望の復活を果たした。今回は、そんな彼らのライブの様子をピックアップ。

スタートオフは「握れっっっっっっっっ!!」で攻めていく。演奏後、ナヲが話そうとマイクに口を近づけると、思いっきりぶつけ、鈍い音が鳴り響くという悲惨なアクシデントが。

これにはナヲ本人が一番驚いた様子で「うそやん」と嘆き、笑いを誘う。ダイスケはん(キャーキャーうるさい方)は「初めて見た。ドラムの人で自分のマイクに口ぶつける人」とすかさずツッコミを入れると、ナヲは「前のめりなんですよ!」と切り返し、観客からは拍手が送られた。

その後、ファミリーコンピュータの懐かしいCMのコントが始まるも「今の人たちわかんないでしょ」とナヲが返し、「COUNTDOWN JAPANへようこそ! 今年もこのときがやってまいりました!」と改めてあいさつをし、場を仕切り直した。

続けて、「先ほどスカパラのお兄さんが」と同ステージで一つ前にパフォーマンスした東京スカパラダイスオーケストラについて話し始め、「うちらゲスト、一切ありません」と断言。「あの、友達がいないんです。4人ぼっちなんです」と、ゲストにUNISON SQUARE GARDENのボーカル・斎藤宏介らを招いた東京スカパラダイスオーケストラに嫉妬を抱くような発言で場を沸かす。

そして、次の「はっきり言って負ける気は一切しない! マキシマム ザ ホルモンですよ!」という、良い意味で期待を裏切る発言に、ファンは待っていましたと言わんばかりに拍手を送る。

そのまま「What's up, people?!」「アバラ・ボブ<アバラ・カプセル・マーケッボブ>」を演奏。熱狂的なファン・腹ペコたちはフロアを駆け回り、激しくヘドバンをするなど、圧巻の盛り上がりを見せる。

MCでナヲは、「毎年、冬の風物詩といっても過言ではないこのCOUNTDOWN JAPAN。約3年ぶりに出演させてもらいます。ありがとうございます!」と語り、「改めて3年ぶりにここから見る景色、えげつないわ」と率直な感想を述べた。

続けてダイスケはんが「2005年、俺たちは一番小さいステージで」と過去を振り返り始め、「第2回目、いろんなステージ飛び越えて、まさかのこの一番でかいステージ、呼ばれました。若干、鳥肌が立ちました。なんとえげつないことがまた沸き起こっている! そして、2018年からもまだまだ一発やってやる!」と意気込んだ。

続く「ロック番狂わせ」「ロッキンポ殺し」「ROLLING1000tOON」に、観客からは大合唱が沸き起こり、メンバーも楽しそうに楽器をかき鳴らしていく。

再びのMCでダイスケはんが「すげえ月並みのこと言うと」と話を始めるも、よくわからない展開となるオチにナヲが鋭く「お前が一番何を言っているのかわかんねえわ!(笑)」と笑いながら切り込んだ。

そして披露したのは「ぶっ生き返す!!」「絶望ビリー」の人気曲。これには腹ペコたちからたちまち歓喜の声が上がり、再び大合唱が沸き起こった。ダイスケはんは「どうもありがとうございます。いつもいろいろ口悪く言っていますけど、僕も今年で40。分かります。楽しい時間というのはあっという間」としみじみと振り返り、「こんなんじゃ終わらねえな! 年越せねえな!」と観客の熱気を盛り立てていく。

すると、ナヲは時計をカメラに映しながら「あの、残り時間がわずかです」とダイスケはんを急かせる。そのまま「我々、恋の街・八王子からやってきました」と話を切り返し、「今日一日の中でうちらが優勝!」と叫ぶと、恋のおまじないを掛け始める。

「麺カタ!」「コッテリー!」「ヤッター!」で知られるおなじみの恋のおまじないをすると、最後に「恋のスペルマ」を披露。ナヲの「2017年ありがとう! 来年もまたよろしくお願いします!」という元気なあいさつでこの日のライブを締めくくり、観客からは笑みがこぼれていた。

またこの日、公式Instagramで「12月29日(金)、幕張メッセで行われた年末の風物詩、“COUNTDOWN JAPAN 17/18”にホルモンが3年ぶりに出演しました」から始まる記事を更新。この日のライブの模様をまとめた形で発信されている。(ザテレビジョン)