ギターをかき鳴らしていくSxunとメンバーの様子

写真拡大

2017年12月28日〜31日の4日間、千葉・幕張メッセにて開催された国内最大の年越し音楽フェスティバル「COUNTDOWN JAPAN 17/18」。12月29日に出演した、ポストハードコアバンド・Fear, and Loathing in Las Vegas(フィアー・アンド・ロージング・イン・ラスベガス)は、持ち味の、次々と変調していく新しいテイストのサウンドで、多くの観客を魅了した。

【写真を見る】天井を指すSoに、会場の熱気も一気に高まっていく

ファンの間では“なんちゃらラスベガス”の愛称でも親しまれる彼ら。バンド名が長すぎることがきっかけとなり、この愛称が次第に定着したという。以前「バズリズム」(日本テレビ系)で紹介されたことで、さらにその名前が多くの人に知られることとなった。今回は、そんな彼らのライブの模様を取り上げる。

「幕張! 初っ端から最高だぜ!」とリハーサルでの観客の盛り上がりの様子を絶賛しながら、Fear, and Loathing in Las Vegasが元気よく登場。「Rave-Up Tonight」でスタートを切り、まさに“今夜はどんちゃん騒ぎ”と言わんばかりの光景に。会場は一気にダンスフロアへと化した。

続く「Jump Around」では、今度は観客が一斉に飛び上がり、ホールを揺らす。この様子にはボーカル・プログラミング担当のSoが「すげえよ! みんな、ほんまにありがとう!」とうれしそうに叫んでいた。

ギター・ボーカルのSxunも、「COUNTDOWN JAPAN、盛り上がっていますか! すんげえ人! ビチビチやん、もう!」と歓喜の声を上げ、「Fear, and Loathing in Las Vegasです。よろしくお願いします!」とあいさつを。

観客が拍手で応えると、「ほんまにありがとうございます! 今日で今年最後のライブなんですよ。もうどうなってもいいと。そんな気持ちをぶつけて帰りたいと思います! いけんのか、幕張!」と煽っていく。

そして「Return to Zero」を披露すると、イントロから歓喜の声が沸き起こった。MVでメンバーがパラパラダンスを披露していることが注目されていた本楽曲。この日、Soとデスボイス・キーボード担当のMinamiがパラパラダンスを生披露し、観客を大いに沸かせた。中には、一緒になって踊りだすファンの姿も。

また、この曲は、2017年にリリースされた最新アルバム『New Sunrise』に収録されている。アルバムポスターに“なんちゃらラスベガス”と大きく書かれ、渋谷に堂々と掲載されていたことでも彼らは話題を集めていた。

続いて、ダンスチューン「Party Boys」を披露。独特な振り付けがあるこの曲に、初めて見る観客は戸惑いを見せていたものの、最終的には見よう見まねで笑顔で踊っていた。ヒートアップする会場を見たSxunは「いいぞ、お前ら最高だ!」と喜びの声を上げる。

そして、今までにない斬新なサウンドでファンを賑わせた「LLLD」へと曲が移り変わる。観客は思い思いに体を揺らし、楽しそうな観客の様子に「ありがとう、みんな!」と感謝を述べる。

ここでSxunは、「あの、先ほどちょっとだけ話したんですけれども、ラスベガス、今回で最後になります!」とワンマンライブの告知も挟み、「じゃあ、年内ラスト3曲だけやって帰りたいと思うんですけれども、GALAXY STAGEを一つにしようぜ!」と意気込んでいく。

そして立て続けにキラーチューン「Let Me Hear」「Virtue and Vice」「Love at First Sight」を流す。ホールの熱気も最高潮に達したところで、Soが「ありがとう! ありがとう! 幕張〜! ほんまにみんなありがとう!」と何度も礼を述べ、幕を閉じた。(ザテレビジョン)