メルセデスベンツのフラッグシップ・クロスオーバーSUV、『GLS』次期型プロトタイプを、ドイツ市街地でカメラが捉えました。

こ巨大ボディにフルカモフラージュのため、もはや装甲車のような出立ちですが、最新世代の「MHA」プラットフォームにより大幅な軽量化がされているようです。

注目のパワートレインは、9速デュアルクラッチトランスミッションと組み合わされる新開発直列6気筒、及び3リットルのガソリンエンジンと48Vの電気モーターを組み合わせたプラグインハイブリッドで、最高出力は400psに達するようです。

ハイエンドモデルには、最高出力600ps以上を誇る4リットルV型8気筒エンジン搭載「AMG GLS63」が投入されるはずですが、最新情報によれば『Sクラス』のように『マイバッハ GLS』がラインアップされる可能性があるようです。誕生すれば、7人が快適に過ごせる超一流の移動空間となること間違いなしです。

自動運転技術では、車間距離を維持する「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック」、車両周り、ガードレールなどを検知しステアリングへ伝える「アクティブステアリングアシスト」など、「Eクラス」及び「Sクラス」のテクノロジーが移植されるとレポートされています。

ワールドプレミアは、2019年内になるでしょう。

(APOLLO)

「マイバッハ」も開発中!? メルセデス・ベンツ GLS次期型をキャッチ(http://clicccar.com/2018/01/02/544811/)