山崎賢人、二階堂ふみ、吉沢亮……“戌年生まれ”が2018年の顔に? 年男・年女ブレイク説

写真拡大

 完全なるブレイクを果たしたといえる竹内涼真や、若くしてもはや“名優”の領域に踏み込みはじめた太賀、俳優業以外にもマルチな活動を展開させた菅田将暉。連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK)で朝のお茶の間の顔となった有村架純や、『黒革の手帳』(テレビ朝日系)で新たなるダークヒロインを誕生させた武井咲。いずれもが2017年のテレビ・映画界の中心的役割を担ってきた存在だ。

 昨年は、“酉年生まれ”の、いわば年男・年女に当たる世代の活躍が著しかった。彼らの活躍を受けて、この2018年“戌年生まれ”の若手俳優・女優たちへの期待に、自然と食指が動いてしまう。

 『トドメの接吻』(日本テレビ系)で連続ドラマ初主演を務める山崎賢人。新年早々から幸先のいいスタートとなるが、昨年は主演映画4本に、『陸王』(TBS系)で見せた等身大の演技が話題を呼んだ。(等身大の山崎賢人の姿がここにあるーー『陸王』大地役で見せた、若者の葛藤)映画『羊と鋼の森』でも主演する彼は、もはやブレイク云々といった存在ではなく、作品を背負って立つことができる俳優として、今年もおおいに魅せてくれるに違いない。

 岡崎京子のマンガ原作の実写化『リバーズ・エッジ』でW主演を務める二階堂ふみ・吉沢亮のコンビも“戌年生まれ”だ。奥浩哉のマンガ原作のSF映画『いぬやしき』や大河ドラマ『西郷どん』(NHK)での姿が楽しみな二階堂は、昨年は出演映画の公開が1本もなく、反対にテレビでの奮闘がかなり目立ったものだった。しかしレギュラーとして参加していた『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)内の企画『グルメチキンレース・ゴチになります!』のメンバーを「芝居の方に集中したい」と卒業したばかり。今年はテレビと並行しつつ、情熱的でフレキシブルな彼女の表情を、スクリーンでたくさん見せてくれるにちがいない。『あのコの、トリコ。』『ママレード・ボーイ』でも主演を務める吉沢は、『悪と仮面のルール』『レオン』といくつもの公開作が控える。“イケメン俳優路線”において、ほかの追随を許さない印象の彼だが、『銀魂』や『斉木楠雄のΨ難』などで開眼させたコメディセンスも、また見てみたいところである。

参考:二階堂ふみのラブシーンはなぜ心を揺さぶるのか 10代で脱いだ大物女優の系譜から考察

 『氷菓』でのミステリアスな佇まいや、昨年に引き続き放送中の連続テレビ小説『わろてんか』(NHK)での好演が光る広瀬アリスは、主演映画『巫女っちゃけん。』に注目が集まる。バイプレイヤーとしての勢いが止まらない岡山天音は、『愛の病』『チェリーボーイズ』『神さまの轍 -checkpoint of the life-』『空飛ぶタイヤ』で、今年も硬軟自在な演技を見せてくれそうだ。

 地方都市を舞台に、自分たちの居場所を求める若者たちを描いた『獣道』のW主演で強烈な印象を残した伊藤沙莉は、長いキャリアに裏打ちされた芸達者ぶりで、日に日に観客の期待値を上げている。『blank13』『パンとバスと2度目のハツコイ』『寝ても覚めても』と今年も作品の根幹をなす存在として注目だ。そして同じく『獣道』で、子役時代の面影を払拭することに間違いなく成功した須賀健太も、『ちょっとまて野球部!』『サイモン&タダタカシ』と期待の公開作が控える。

 先に並べたのは、今年24歳を迎える世代である。そうそうたる顔ぶれ。まさに黄金世代といっても過言ではないのではないか。ちなみひと回り上の世代に目を向けてみる。『亜人』や『コウノドリ』(TBS系)での好演が記憶に新しい綾野剛は、見かけぬ日はないほどの存在だ。冷酷な殺戮者から心優しき医師まで、その振り幅の大きさに驚かされる。そして昨年主演映画が3本も公開された瑛太は、NHKの大河ドラマ『西郷どん』での大久保利通役が楽しみであり、主演映画『友罪』に注目が集まる。また、主役やヒロインとしてテレビドラマの華であり続ける深田恭子は、さっそく『隣の家族は青く見える』(フジテレビ系)で主演を務め、池井戸潤小説原作の実写化『空飛ぶタイヤ』で久々にスクリーンで姿を拝めることとなる。いずれも日本のテレビ・映画を、さらに広く言えばエンタメ業界を牽引する存在だ。さらに一回り上の世代だと、『anone』(日本テレビ系)で瑛太とも共演する阿部サダヲ。NHK BSプレミアムドラマ『平成細雪』での主演や、日韓合作映画『蝶の眠り』で5年ぶりに映画主演を務める中山美穂などがそうである。

 今年の活躍が楽しみな“戌年生まれ”の若手俳優・女優たち。当然ながらここに挙げたのは、あくまでごく一部の存在である。干支や世代に関係なく、いい役者には注目していきたいが、ともあれこの「戌年生まれ」の並びに期待せずにはいられない。

※山崎賢人の「崎」は「たつさき」が正式表記

(折田侑駿)